耕作放棄地再生利用緊急対策交付金
2015年1月14日

耕作放棄地再生利用緊急対策交付金

  荒廃した農地を借り,農地として再生し活用する場合,再生等にかかる費用への支援制度「耕作放棄地再生利用緊急対策交付金」が対象となる場合があります。対象農地は,荒廃農地の発生・解消状況に関する調査で再生利用が可能な荒廃農地(A分類)に位置づけられていることが必要です。交付金を希望する場合は,再生作業を始める2か月前までにご相談ください。
  詳しい支援内容についてはこちらの耕作放棄地再生利用緊急対策交付金について外部リンク(茨城県耕作放棄地対策協議会)をご確認ください。 

関連情報

荒廃農地の発生・解消状況に関する調査

  市内の農地に対して,現地確認(農地法第30条など)や航空写真の判読により調査を行なうことで荒廃農地が市内のどこに存在するか調査しています。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。