平成27年第2回定例会
2015年6月3日
  平成27年第2回市議会定例会の開会にあたり,提出いたしました議案の説明に先立ち,主要施策等の経過についてご報告申し上げます。

NHKのど自慢について

  はじめに,NHKのど自慢についてであります。
  4月12日(日曜日)に,文化センターにおいて,NHK水戸放送局との共催により,神栖市市制施行10周年記念「NHKのど自慢」を開催いたしました。
  前日の予選会には,応募総数927通の中から選ばれた250組が出場し,このうち18組が本選に出場しました。
  本選では,NHKのど自慢70周年特別応援企画として,SMAP(スマップ)の香取慎吾さんがスペシャルMCで登場し,ゲストの川中美幸さんや,クリス・ハートさん,出場者のみなさんとともに,満員の会場を大いに盛り上げてくれました。
  当市におけるNHKのど自慢の開催は,40年ぶりであり,市制施行10周年の年に,市のPRと,市民の一体感の醸成につながる行事になったものと考えております。

波崎地区防災拠点施設について

  次に,波崎地区防災拠点施設についてであります。
 波崎総合支所の敷地内に整備しております波崎地区防災拠点施設につきまして,4月27日(月曜日),工事関係者や行政委員,市議会議員など54名のご参加をいただき,工事の安全祈願祭を行いました。
 今後,今年度末の完成に向けて,整備を進めてまいります。

(仮称)神栖警察署の建設について

  次に(仮称)神栖警察署についてであります。
  県が実施しております同警察署の入札につきましては,資材費の高騰等により,入札不調が続いておりましたが,4月27日(月曜日),4回目の入札におきまして,落札業者が決定いたしました。
  この後,県議会での議決後に着工し,平成28年末までに完成,平成29年4月に開署する予定であると伺っております。
  同警察署の開署は,市民の安全・安心な生活に大きく寄与するものと考えております。


津波緊急避難場所に係る協定について

  次に,津波緊急避難場所に係る協定についてであります。
  4月30日(木曜日)に関東財務局水戸財務事務所と国家公務員合同宿舎「鹿島知手住宅3号棟」を津波発生時の緊急避難場所として使用する協定を締結いたしました。
  合同宿舎が津波緊急避難場所に指定されるのは,県内で初めてであります。
  この指定により,市内の津波避難ビルは33箇所となり,合計12,507人分の避難場所が確保されたことになります。
  今後とも,市民の命を守るため,津波緊急避難場所の指定を進めてまいります。

神栖中央公園防災アリーナ(仮称)整備運営事業について

  次に,神栖中央公園防災アリーナ(仮称)整備運営事業についてであります。
   PFI方式により整備を進めている同事業につきまして,4月14日(火曜日)に総合評価一般競争入札の公告を行いました。
  今後,9月に,事業者から提案を受け付け,有識者等による事業審査委員会において内容を審査,落札者を決定した後,議会に契約議案を提出する予定であります。

プレミアム付クーポン券の発行について

  次に,プレミアム付クーポン券の発行についてであります。
  同券については,国の,地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金の交付を受け,市から商工会に発行を委託しているところでありますが,この度,商工会におきまして,6月14日(日曜日)から「かみす“よってけ”クーポン」として,市内6箇所で発売することとなりました。
  プレミアム率を20%とし,小規模小売店専用券と,取り扱い全店で使用可能な商品券を組み合わせ,一冊1万円で,25,000冊を発行いたします。
  このプレミアム付クーポン券の発行を通じ,市内の消費拡大と経済活性化を図ってまいります。

新たな公設鹿島地方卸売市場の開場について

  次に,新たな公設鹿島地方卸売市場の開場についてであります。
  鹿島地方事務組合が居切地区に建設を進めていた公設卸売市場が4月16日(木曜日)に開場いたしました。
  新市場は,卸売場(おろしうりば)と買荷保管積込所(かいにほかんつみこみじょ)を一体化するなど,品質・衛生管理面を強化したほか,津波時には約900人を収容可能な緊急避難所の機能を備えております。
  この地域の市民生活を支える青果物の流通拠点として期待しているところであります。

総合教育会議について

  次に,総合教育会議についてであります。
  地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき,市長部局と教育委員会との一層の連携を図るため,両者により構成する同会議を設置し,5月13日(水曜日)に,第1回の会議を開催いたしました。
  今後,同会議を通じ,教育,学術及び文化の振興を図るための施策等について,協議・調整を行ってまいります。

中央公民館の優良公民館表彰について

  次に,中央公民館の優良公民館表彰についてであります。
  3月4日(水曜日),中央公民館が,社会教育の振興に貢献したとして,茨城県で唯一,第67回全国優良公民館の表彰を受けました。
  これは,同館のロビー環境の整備や,講座の内容等が高く評価されたことによるものであります。
  今後とも,地域住民のニーズを的確に捉え,市民に親しまれる公民館の運営に努めてまいります。 

  以上をもちまして,主要施策等の報告といたします。

 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。