介護保険制度改正

8月1日から介護保険の費用負担が一部変わります

1.一定以上の所得のある利用者の自己負担の見直し(平成27年8月から)

  現行では介護保険サービスを利用するときの自己負担は1割ですが,平成27年8月から65歳以上(第1号被保険者)で一定以上所得のある方の自己負担は2割になります。

自己負担が2割となる対象者
  • 合計所得金額が160万円以上の方
  • 単身で年金収入のみの場合、年収280万円以上
自己負担が1割となる対象者
  • 合計所得金額が160万円未満
  • 世帯の65歳以上の方の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計が次に当てはまる方
    • 単身で280万円未満
    • 2人以上の世帯で346万円未満

2.高額介護サービス費の基準額変更(平成27年8月から)

  高額介護サービス費の一部の上限額が新しくなります。医療保険の現役並み所得相当の方がいる世帯(同一世帯内に65歳以上で課税所得145万円以上の方がいる方)については,その世帯の負担の上限額が44,400円に引き上げられます。
 

3.低所得の人の食費・居住費の負担軽減の基準変更(平成27年8月から)

  現行は、市民税非課税世帯の方が対象ですが、次に当てはまる場合は対象外になります。

  • 別世帯の配偶者が市民税を課税されている場合
  • 預貯金等を、配偶者がいる方は2,000万円、配偶者がいない方は1,000万円を超えてお持ちの場合

4.特別養護老人ホームの相部屋(多床室)に入所する市民税課税世帯の方等の部屋代について(平成27年8月から)

 特別養護老人ホームに入所する方(ショートステイを利用する方を含む)で相部屋(多床室)に入所する方について新たに「室料相当」を負担していただくことになります。
ご注意ください、具体的な部屋代については、施設と入所者の方などの契約事項になりますので各施設にお問い合わせください。

平成27年度介護保険制度改正のお知らせ

  平成27年度は介護保険制度改正の年となり,平成27年4月以降様々な見直しが予定されていますのでお知らせいたします。

1 介護保険料の見直し(平成27年4月から)

  65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)の介護保険料が平成27年度から変わります。

  これは介護保険サービスに係る費用見込額から算出されるもので,高齢化の進行にともない安定的なサービスが受けられるよう見直ししました。 
  詳しい内容は「介護保険料」のページをご確認ください。


2 介護報酬の改定(平成27年4月から)

  平成27年4月以降の介護保険サービスの利用につきましては,改定後の単位数で算定となります。サービスによって改定率は異なり,サービス全体では平均して2.27%引き下げになります。詳しい内容等につきましては,ケアマネジャーまたは長寿介護課電話番号0299-91-1702までお問い合せください。
 

3 特別養護老人ホームへの入所基準の変更(平成27年4月から)

 特別養護老人ホームへの新規入所は,原則要介護3以上の方となります。ただし,要介護1・2の方で,認知症などを抱えており日常生活を営むことが困難な場合など,やむを得ない事情があれば,新規入所が認められる場合があります。
 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。