子ども・子育て支援支給認定

子ども・子育て支援新制度とは

  「子ども・子育て支援新制度」とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行にともなう関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことをいいます。 
  詳しくはこちらの「子ども・子育て支援新制度 - 内閣府外部リンク」ページをご確認ください。

支給認定(教育時間標準認定・保育認定)

  平成27年度から、幼稚園保育所・保育園、認定こども園などの利用を希望する保護者の方には、利用のための認定(施設型給付費・地域型保育給付費に係る支給認定)を受けていただくことになりました。

3つの区分による認定

  教育または保育の希望など、次の3つの区分に応じて、利用先が決まります。

認定区分の説明図、内容は後述します。

1号認定(教育標準時間認定)
  • お子さんが満3歳以上で教育を希望する場合
  • 利用先幼稚園、認定こども園幼稚園部分
2号認定(保育認定)
  • お子さんが満3歳以上で「保育の必要な事由」に該当し、保育所などでの保育を希望する場合
  • 利用先保育所・保育園、認定こども園保育所部分
3号認定(保育認定)
  • お子さんが満3歳未満で「保育の必要な事由」に該当し、保育所などでの保育を希望する場合
  • 利用先保育所・保育園・認定こども園保育所部分

保育標準時間と保育短時間の区分(保育認定・2号および3号認定)

  さらに、保護者の方の労働時間などによって、2号および3号認定のお子さんの保育利用時間についても区分されます。なお、それぞれの利用時間帯は施設によって異なります。
ご注意ください、この区分によって、利用者負担額(保育料)や延長保育の費用が異なります。詳しくはこちらの「利用者負担額(保育料)」ページをご確認ください。

保育標準時間
  • 1日の保育利用時間は11時間
  • フルタイムを想定し、就労時間月120時間以上である場合
保育短時間
  • 1日の保育利用時間は8時間
  • パートタイムを想定し、就労時間月64時間以上である場合

認定および保育利用時間の区分の変更について

ご注意ください、就労状況の変更や通勤時間等の都合で認定および保育利用時間の区分を変更したい場合には、別途、支給認定変更の申請が必要となります。原則として、申請書が提出された翌月からの適用となります。
  交付された子ども・子育て支援支給認定証をご確認のうえ、次の申請書に必要事項を明記し、こども課(神栖市役所 本庁舎2階)まで申請お願いします。

利用者負担額(保育料)

  教育・保育施設の利用者負担額(保育料)について、次のリンク先のページをそれぞれご確認ください。

施設の利用手続き

1号認定の場合(幼稚園・認定こども園の利用)

  1. 保護者は、市に利用申し込みおよび認定の申請をします。(市立幼稚園の入園手続き
  2. 幼稚園で面接のうえ、入園の内定を受けます。
  3. 市から幼稚園等を通じて子ども・子育て支援支給認定証の交付を受けます。
  4. 幼稚園等と契約します。

2号・3号認定の場合(保育所・認定こども園の利用)

  1. 保護者は、市に保育の必要性の認定申請と利用希望の申し込みをします。(入所申し込み
  2. 市は子ども・子育て支援支給認定証の交付と利用調整を行います(定員を超える場合、入所選考があります)。
  3. 保育の利用(保育所等への入所)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。