転入届(市外から市内へ引越したとき)

転入届(市外から市内へ引越したとき)

他の市区町村から神栖市へ引っ越してきた際には転入届を出してください。

届け出期間

  住み始めた日から14日以内。ご注意ください、住み始める前の手続きはできません。

必要なもの

  • 届出人の印鑑(朱肉をつかうもの)
  • 前住所地の市区町村で発行された転出証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
  • 届出人の本人確認のできる書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 賃貸契約書等(アパートやマンションにお住まいの方)
    住所・方書等の確認のため、持参していただくようご協力をお願いします。
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人住民の方)
  • 代理の方が窓口にお越しになる場合
    • 代理人の印鑑
    • 代理の方の本人確認のできる書類
    • 転入する本人が自署押印した委任状
      証明書等委任状

加入または該当する場合、必要な持ちものとお渡しするもの

  転入時に市民課総合窓口(神栖市役所 本庁舎)または市民生活課(波崎総合支所・防災センター)で同時に手続きできる制度、手続き後に各課へご案内する制度を掲載しました。制度内容など詳しくは、リンク先の各担当課へお問い合わせください。
 

住民基本台帳カードの転出後の継続利用

  • 住民基本台帳カード 

  転入届の手続きのさいに継続利用手続きも行なうことができます。

国民健康保険

  • 年金手帳,年金証書または基礎年金番号のわかるもの
  • 印鑑(朱肉をつかうもの)
  • 世帯主の方と国民健康保険に加入されている方のマイナンバーのわかるもの(マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カードなど)

  国民健康保険に加入している方、転入と同時に加入する方などは、転入届の手続きのさいに窓口(市民課総合窓口または市民生活課)で国民健康保険証などを発行します。詳しくは国保年金課国保グループ電話番号0299-90-1142までお問い合わせください。

国民年金

  • 年金手帳,年金証書または基礎年金番号のわかるもの

  国民年金第1号被保険者の方は市役所での手続きが必要です。第2号・第3号の方は事業者の担当部署へお問い合わせください。
  また、年金受給者のうち、日本年金機構に住民票コードが登録されている方は届出は原則不要です。登録されていない方や年金の受取先金融機関を変更する方は「年金受給権者住所・支払機関変更届」のはがきをお渡しします。

医療福祉制度・医療費の助成

  • 健康保険証
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 医療福祉費受給者証交付状況証明書(茨城県内から転入の場合)
  • 課税証明書(茨城県外から転入の場合)
  • マイナンバーのわかるもの(マイナンバーカード(個人番号カード)、通知カードなど) 

  マル福・神福に該当する方へ医療福祉費受給者証などをお渡しします。または、担当課へご案内します。該当の条件など詳しくはリンク先のページをご確認ください。

後期高齢者医療制度

  • 後期高齢者医療負担区分等証明書

  転入届の手続きのさいに窓口(市民課総合窓口または市民生活課)で受領します。後日、国保年金課より後期高齢者医療被保険者証が郵送されます。

介護保険

  • 前住所からの介護保険受給資格証明書(介護保険要介護・要支援認定を受けている方)

  65歳以上の方には、後日、介護保険被保険者証を郵送します。
  介護保険要介護・要支援認定を受けている方は、転入届の手続きのさいに窓口(市民課総合窓口または市民生活課)で認定の手続きを行ない、後日、介護保険被保険者証と介護保険要介護・要支援認定等結果通知書を郵送いたします。

児童手当

  • 請求者名義の健康保険証
  • 請求者名義の通帳等(振込み先がわかるもの)
  • 課税証明書
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 対象児童世帯全員の住民票(お子さんを別居監護している場合)

  受給要件に該当する方は、転入届の手続きのさいに窓口(市民課総合窓口または市民生活課)で認定請求の手続きを行なうことができます。なお、出生日・転出予定日の翌日から15日以内に手続きされた方は,月をまたいでいても,出生日・転出予定日の翌月分から支給されます。

障がい福祉

  • 身体障害者手帳 
  • 療育手帳 
  • 精神障害者保健福祉手帳 
  • 自立支援医療受給者証など

  詳しくはこちらの「住民登録時の障がい福祉にかかわる必要書類」ページをご確認ください。

妊産婦健診

すでに母子健康手帳をお持ちの方が対象です。
  • 母子健康手帳
  • 以前の妊婦健康診査受診票

  転入届の手続きのさいに窓口(市民課総合窓口または市民生活課)で神栖市の妊産婦健診受診票をお渡しします。また、子育て支援課(保健・福祉会館)でもお渡しします。

乳幼児健診

  • 母子健康手帳
  • 以前の乳児一般健康診査受診票

  手続きは健康増進課または市民生活課でおこないます。市民課総合窓口では受診票の差し替えをおこなっていません。

子どもの予防接種

7歳半未満の子どもが対象です。神栖市の予防接種の予診票をお渡しします。
  • 母子健康手帳

  手続きは健康増進課または市民生活課でおこないます。市民課総合窓口では予診票の差し替えをおこなっていません。

転校の手続き

  特に持参するものはありません。
  市民課総合窓口で転入の手続きをする場合は,同時におこなうことができます。窓口で発行される転入学通知書を学校(転出前・後)へ持参してください。
  市民生活課で転入手続きをする場合は、1階の波崎教育事務所で必要な手続きをします。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。