公営企業に係る経営比較分析表(公共下水道事業・特定環境保全公共下水道事業)
2016年2月25日

公営企業に係る経営比較分析表(公共下水道事業・特定環境保全公共下水道事業)の公表について

  公営企業は住民生活に身近な社会資本を整備し,サービスを提供する役割を果たしており,将来にわたりその本来の目的である福祉を増進していくためには,経営環境の変化に適切に対応し,そのあり方を絶えず見直していくことが不可欠となっています。
  下水道事業を取り巻く経営環境が厳しさを増している中で,必要なサービスを将来にわたり安定的に継続するためには,自らの判断と責任に基づき,公営企業の経営健全化等に取り組むことが必要です。
  経営比較分析表は,公営企業の経営,事業等の分野ごとに適切な指標を活用し,複数の指標を組み合わせた分析や,経年比較やほかの地方公共団体等との比較を行うことにより,経営の現状,課題等を的確,簡明に把握することが可能な手法となります。

経営比較分析表


関連リンク

このページに関するアンケート

質問1このページの情報は役に立ちましたか? 
質問2ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問3このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。