納税の猶予
2016年4月1日

納税の猶予について

徴収の猶予

  次のような事情により市税を納期限内に納めることができない場合には,申請に基づいて納付(納入)の時期を遅らせることができます。
  • 震災,風水害,火災などの災害や盗難にあったとき
  • 本人または家族が病気にかかったり,負傷したとき
  • 事業を廃止,または休止したとき
  • 事業において著しい損失を受けたとき
  • 前述の事実に類する事情があったとき

換価の猶予 

 市税を一時的に納付(納入)することにより,事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがある場合には,申請に基づいて差押財産の換価(売却)が猶予されます。

ご注意ください、納税・換価とも猶予を受けられる期間は原則1年となります。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。