森林の土地の所有者届出制度

森林の土地を取得したときは届け出が必要です

  平成24年4月の森林法改正により、森林の土地の所有者となられた方は市町村長への事後届出が義務付けられました。
  なお,届出を怠った場合や届出内容と異なる行為をした場合は,森林法により罰せられる場合がありますのでご注意ください。

対象の森林

  都道府県が作成する地域森林計画の対象となっている森林です。
  登記上の地目によらず、取得した土地が森林の状態となっている場合には、届出の対象となる可能性が高いのでご注意ください。
  対象森林の確認は農林課電話番号0299-90-1008へ問い合わせください。

届出者

  個人、法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に関わらず届出をしなければなりません。

対象外の者

  ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の事後届出を提出している方(次の項目にあてはまる対象面積を取得した方)は対象外です。

  • 市街化区域は、2,000平方メートル以上
  • その他の都市計画区域は、5,000平方メートル以上
  • 都市計画区域外は、10,000平方メートル以上

届出の期間

  土地の所有者となった日から90日以内に農林課の窓口へ届け出てください。

添付書類

  • 土地の位置図面
  • 登記事項証明書(写し可)または、その他の権利を取得したことが分かる書類
    例として、土地売買契約書、相続分割協議の目録土地の権利書等の写しなど
ご注意ください、森林所有者となった方は次の届け出または許可が必要です。
  • 立木の伐採を行なう場合市町村長に伐採及び伐採後の造林の事前届出(伐採及び伐採後の造林の届出制度
  • 1ヘクタール超の林地開発を行なう場合知事の許可
    (保安林では、立木の伐採等及び土地の形質変更について、知事の許可等が必要です)

参考ホームページ

  林野庁/森林の土地の所有者届出制度について外部リンク

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。