弾道ミサイル落下時の行動
2017年9月15日

弾道ミサイル落下時の行動について

  弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラート(全国瞬時警報システム(J-ALERT))を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。
  こちらの内閣官房 国民保護ポータルサイト外部リンクにて,弾道ミサイル落下時の行動について掲載されていますので,ご参照ください。

お知らせ、4月25日(火曜日)に、茨城県ホームページ内「Emergency&Disaster/茨城県外部リンク」にて、英語版の案内が掲載されましたので次のファイルをご確認ください。
  What to Do if a Ballistic Missile is Expected to Land in Japan(PDF 68KB)外部リンクPDFファイルダウンロード

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。