市ホームページリニューアルに関するアンケート 
妊娠がわかったら

医療機関などへ受診したあと、妊娠届を提出し、母子健康手帳の交付を受けてください

  妊娠した人は、まずは医療機関などへ受診してください。医師から「母子手帳を市役所からもらってきてください」などと指示を受けてから、市へ妊娠届を提出してください。
  健康増進課(保健・福祉会館内)または、市民生活課(波崎総合支所・防災センター)、市役所総合窓口(神栖市役所 本庁舎)の各窓口で妊娠の届け出をすると「母子健康手帳」が交付されます。
  手続きについては,「母子健康手帳の交付申請(妊娠届の届け出)」の交付についてのページをご確認ください。

  また、厚生労働省発行のパンフレットもご確認ください。


すこやかな妊娠と出産のために(厚生労働省)(PDF 708KB)

妊娠中に受けられる検査・助成・母子保健事業

妊婦健康診査

 「母子健康手帳」の交付とともに、「妊婦健康診査受診票」が交付され、妊娠初期から出産予定日までの間、神栖市では妊婦健康診査の費用の助成を14回受けることができます。
  この受診票を妊婦健診時に医療機関へ持参し、窓口に確認して提出してください。詳しくは交付時に担当者が説明いたします。
 ご注意ください、里帰りなどで県外の医療機関を受診する方はこちらの「県外の医療機関で妊婦健康診査を受ける方へ」ページをご確認ください。
 


妊婦健診を受けましょう・表(厚生労働省)(PDF 1,095KB)
PDFファイルダウンロード


妊婦健診を受けましょう・裏(厚生労働省)(PDF 519KB)
PDFファイルダウンロード

2014年2月13日

妊産婦(医療費助成制度)

  母子手帳の交付を受けたら、医療費助成制度にお申し込みください。
  月曜日~金曜日の平日に母子手帳の交付を受けた場合、その日に国保年金課(神栖市役所 本庁舎1階)  または市民生活課(波崎総合支所・防災センター1階)で助成を申し込むことができます。その際、申し込みに必要なものがありますので、妊産婦(医療費助成制度)ページをご確認ください。

茨城県の制度(通称 マル福)
  医療福祉受給対象者の方が、必要とする医療を容易に受けられるよう、医療保険で病院などにかかった場合の一部負担金相当額を公費で助成し、医療費の負担を軽減する制度です。
神栖市の制度(通称 神福)
  神栖市に住所を有し,各健康保険に加入する対象者が保険医療を受けた場合,自己負担しなければならない費用の一部を市で助成する制度です。
マル福・神福の申し込み先、お問い合わせ先
  国保年金課
  神栖市溝口4991-5 神栖市役所 本庁舎1階
  電話電話番号0299-90-1142

出産者への医療福祉費助成制度

  出産分娩者に対して,出産費の一部補助として,子ども1人につき20,000円が支給されます。
  なお、早産・流産・死産の場合、妊娠12週以降であれば,支給の対象となります。

  出生届後,医療福祉制度(マル福・神福)の申請と同時に手続きを行なってください。
  申請方法などは「小児・小児特例・高校生相当(医療費助成)」ページをご確認ください。

マタニティセミナー(全3回・予約不要)

  初妊婦に対して、妊婦・出産、赤ちゃんについて、ことば・心・栄養・歯の健康など育児に関するセミナーを3回に分けて行います。

 

ニューファミリーセミナー(予約制)

  もうすぐパパやママになる人に対して、沐浴の実習と育児全般のセミナーを行います。

家庭訪問指導

  申し出があった方のところに,妊産婦について保健師が訪問します。

関連情報

  妊娠・出産(ライフメニュー)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。