国土利用計画法に基づく届出制

国土利用計画法に基づく届け出制のご案内

2017年5月1日
  神栖市内の一定面積以上の土地取引をしたときは、国土利用計画法に基づき契約締結日を含めて2週間以内の届出が義務付けられています。
ご注意ください、国土利用計画法に基づく土地取引届出書の提出が,平成23年4月1日から,茨城県知事から神栖市長へ権限の移譲がなされ,土地売買等届出書(添付書類含む)の提出部数が2部から1部に変わりました。詳しくは次のファイルをご確認ください。
  権限移譲による手続きの変更(PDF 92KB)PDFファイル
 

国土利用計画法の目的

  国土利用計画の策定に関し必要な事項について定めるとともに、土地利用基本計画の作成、土地取引の規制に関する措置その他土地利用を調整するための措置を講ずることにより、総合的かつ計画的な国土の利用を図ることを目的としています。
 

届け出が必要な土地取引

  対象面積が一定面積以上であり、次の事項を満たす場合(取引の予約も含む)には届け出が必要です。

  • 土地に関する所有権,地上権,貸借権又はこれらの権利の取得を目的とする権利の移転または設定に関する取引であること
  • 対価の授受をともなうこと
  • 契約により行われるものであること

届出用件に該当するもの

  • 売買契約(停止条件付、期限付き契約を含む)
  • 売買予約
  • 譲渡担保
  • 代物弁済
  • 代物弁済予約
  • 交換
  • 保留地処分(土地区画整理法)
  • 共有物の持分権の譲渡
  • 営業譲渡
  • 予約完結権
  • 買い戻し権等の形成権の譲渡
  • 一時金をともなう地上権、賃借権の譲渡又は設定
  • 信託受益権の譲渡

届け出が必要な面積

  • 市街化区域については,2,000平方メートル以上
  • 市街化調整区域については,5,000平方メートル以上

正しく届け出を行なってください

  届け出をしなかったり、偽りの届け出をすると6か月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられることがあります。

届け出の手続き

  土地取引の権利取得者は,土地売買等届出書に必要書類を添えて,契約締結後2週間以内に神栖市長に提出してください。

申請者

  権利取得者が申請者となります。
権利取得者とは
当事者のうち当該土地売買等により土地に関する権利の移転又は設定を受けることとなる者

申請期限

  土地取引の契約締結日を含めて2週間以内

提出書類

  次の書類を各1部提出してください。

関連リンク

  国土利用計画法に基づく届出制度/茨城県外部リンク

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。