AED(自動体外式除細動器)
2013年9月19日

AED(自動体外式除細動器)について

AEDは、Automated External Defibrillatorの頭文字をとったもので、日本語訳は自動体外式除細動器といいます。小型の器械で、体外(裸の胸の上)に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断します。もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えること(電気ショック)で、心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。器械の電源を入れれば音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でもこの器械を使って救命することができます。


  日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > AEDって、何ですか外部リンク公益財団法人 日本心臓財団外部リンク)より引用

神栖市内のAED設置場所

AEDを利用した救命処置の手順

救命の手順画像
  1. まず、肩をたたいて意識を確認する
  2. 「119番を!AEDを!」などと助けを呼ぶ
  3. 胸と腹部の動きを見て呼吸を確認する(10秒以内)
  4. 30回の胸骨圧迫と2回人工呼吸を行なう
    (胸が5センチメートル以上沈む程度の強さで、1分間に100回以上のテンポで押します)
  5. AEDで電気ショックを行なう(ご注意ください、胸骨圧迫を続けてください)

AED使用時の注意事項

  • 水分は、しっかりと拭く
  • アクセサリーは、簡単に外せるものは外すか電極パッドの下に入らないようにする
  • 電極パッドを貼る前胸部に湿布や医薬品がある場合、はがして、薬材を拭き取る
  • ペースメーカーやICD(埋め込み型除細動器)から、8センチメートル以上離して電極パッドを貼る
  • 濃い胸毛がある場合には除毛する
  • 傷病者が回復しても、救急隊到着までは、電極パッドはつけたままにする(電源を入れたままにする)

AEDの使い方

使用の流れポスター
  1. 意識・呼吸を確認します
  2. AEDのふたを開けると電源がつきます(成人・小児モード切替スイッチ)
  3. 胸を裸にします
  4. AEDを袋から取り出します
  5. 袋をさいてパッドを取り出します
  6. パッドを青いシートからはがします
  7. 電極パッドを右胸と左脇腹に貼ります
  8. 体から離れて、点滅しているショックボタンを押します

関連リンク

  AEDを使った救命方法やよくある質問などは次のリンク先をご確認ください。

AED(自動体外式除細動器)の点検をしていますか?

  緊急時に,AED(自動体外式除細動器)を正常に使用するためには,日頃からAEDの点検が必要です。
  いざというときに,AEDをきちんとしようできるように,日常点検を実施しましょう。
 
  「AEDの点検をしていますか?」 厚生労働省作成リーフレット(PDF 196KB)

  その他詳しい情報は,こちらの厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご確認ください。
 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。