障害者福祉(障害者総合支援法)

新しい自立支援給付として障害者の皆さんに提供されます

  平成25年4月から「障害者総合支援法外部リンク」により、これまでの支援費制度(ホームヘルプサービス,施設入所サービス等)や公費負担医療制度(更正医療,育成医療,精神通院医療)が新しい自立支援システムに改められ、身体障害者手帳の有無にかかわらず、自立支援給付として障害者や難病患者・発達障害がある皆さんに提供されることになりました。

給付などの対象となる障害者

2017年9月4日
  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者
  • 障害児
  • 難病患者
  • 発達障害者など

  身体障害・知的障害・精神障害・難病・発達障害等といった障害の種別と年齢により提供されていた福祉サービスが一元化され、身体障害者手帳の有無にかかわらず、障害支援区分の認定などの手続きを得たうえで、必要と認められた障害福祉サービスを利用できます。


このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。