市ホームページリニューアルに関するアンケート 
障害者福祉(障害者総合支援法)

新しい自立支援給付として障害者の皆さんに提供されます

  平成25年4月から「障害者総合支援法外部リンク」により、これまでの支援費制度(ホームヘルプサービス,施設入所サービス等)や公費負担医療制度(更正医療,育成医療,精神通院医療)が新しい自立支援システムに改められ、身体障害者手帳の有無にかかわらず、自立支援給付として障害者や難病患者・発達障害がある皆さんに提供されることになりました。

給付などの対象となる障害者

2017年9月4日
  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者
  • 障害児
  • 難病患者
  • 発達障害者など

  身体障害・知的障害・精神障害・難病・発達障害等といった障害の種別と年齢により提供されていた福祉サービスが一元化され、身体障害者手帳の有無にかかわらず、障害支援区分の認定などの手続きを得たうえで、必要と認められた障害福祉サービスを利用できます。

サービスと医療にかかる費用

1 障害者福祉サービスにかかる費用 (介護給付,訓練給付)

  サービス費用をみんなで支えあうため、利用者が費用の原則1割を支払います。(所得に着目した応能負担からサービス量と所得に着目した負担のしくみになります。)
  ただし、所得に応じて上限が決められていて、負担が重くなりすぎないようになっています。残りの9割を市と県、国が負担するしくみです。
  また、施設を利用する場合の食費や光熱水費などは全額自己負担となります。

2 自立支援医療にかかる費用 (精神通院医療、更正医療、育成医療)

  これまで、障害者の医療費は障害の種類や年齢により負担の割合や計算のしかたが違いました。これが一本化され「自立支援医療費」となり、どの障害の人も医療費の1割を支払います。

  ただし、所得に応じて上限が決められていて、負担が重たくなりすぎないようになっています。詳しくは「自立支援医療」ページをご確認ください。 

所得に応じた上限額
  所得に応じて次の区分に分けられ、それぞれ負担の上限額が決められています。
区分 対象世帯 月額上限額
生活保護 生活保護世帯 0円
低所得1 住民税非課税世帯で障がい者の年収が80万円以下 2,500円
低所得2 住民税非課税世帯で低所得1以外 5,000円
中間的な所得 住民税課税世帯で住民税額(所得割)が235,000円未満 医療保険の自己負担限度額と同額
一定所得以上 住民税課税世帯で住民税額(所得割)が235,000円以上 自立支援医療費支給の対象外
ご注意ください、高額治療継続者(重度かつ継続)には別に上限額が決められています。

利用できる制度

障害福祉サービス

介護給付

 障害程度が一定以上の人に生活上または療養上の必要な介護を行います。

  • 療養介護
  • 居宅介護
  • 重度訪問介護
  • 行動援護
  • 生活介護
  • 児童デイサービス
  • 短期入所
  • 重度障害者等包括支援
  • 共同生活介護
  • 施設入所支援
訓練等給付

 身体的または社会的なリハビリテーションや就労につながる支援を行います。

  • 自立訓練
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援
  • 共同生活援助

自立支援医療

  障害の種類や年齢により決められていた医療費のしくみが一本化されます。

補装具費の支給

  補装具の購入や修理にかかる費用の原則1割を自己負担、9割を市が負担します。(福祉用具の購入・修理
 

地域生活支援事業

  市が障がい者を総合的に支援する体制をつくり、さまざまな事業を行ないます。

  • 相談支援事業
  • コミュニケーション支援
  • 日常生活用具の給付
  • 移動支援事業
  • 地域活動支援センター等
  • 福祉ホームその他居住支援
  • その他必要な事業

サービスの利用のしかた

  サービスの量などを決定する際の客観的な基準である障害支援区分を設け、支給決定のプロセスを透明化するために審査会を設置しています。

1.相談

  市役所(障がい福祉課・市民生活課)または相談支援事業者に相談します。
ご留意ください、相談支援事業者とは県の指定を受けた事業者で、申請の支援、サービス利用計画の作成、サービス事業者との連絡調整などを行います。

2.申請・調査

  市役所へ支給の申請を行うと、生活や障害の状況についての調査が行われます。

3.審査・判定

  調査の結果をもとに市役所で審査・判定が行われ、障害支援区分が決められます。

4.認定・通知

  障害支援区分や介護する人の状況などをもとに、サービスの支給量などが決まり、通知され、受給者証が交付されます。

5.契約

  サービスを利用する事業者を選択し、利用に関する契約を結びます。

6.利用

  サービスの利用を開始します。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。