市ホームページリニューアルに関するアンケート 
難病在宅支援サービス

難病在宅支援サービスについて

 次の3種類の福祉制度について、申し込むことができます。(ご家族の収入により、一部利用料が発生します。)
ご注意ください、2013年4月より、難病の方も障害者手帳をお持ちの方と同様に、障害福祉サービスが利用できるようになりました。詳しくはこちらの「障害者福祉(障害者総合支援法)」ページをご確認ください。

2017年4月から障害福祉サービス等を利用できる対象疾病が拡大されました

ご注意ください、2017年4月から、障害福祉サービス等を利用できる対象疾病が、332疾病から358疾病へ拡大されました。詳しくはこちらの「対象疾病(PDF 1,443KB)PDF」をご確認ください。 
  対象となる方は、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちでなくても、必要と認められた支援が受けられます。

手続きについて

  対象疾病に罹患していることがわかる証明書(診断書など)を持参し、障がい福祉課(神栖市役所 本庁舎 1階)でサービスの利用申請をしてください。障害支援区分の認定や支給決定などの手続き後、必要と認められたサービスを利用できます。

難病患者等ホームヘルプサービス事業

  在宅で日常生活を営むことが出来るよう、介助や家事の手伝いをしてくれるホームヘルパーを派遣します。

こんなことが頼めます

  • 入浴の介助
  • 排泄の介助
  • 食事の介助
  • 着替えの介助
  • 身体の清拭
  • 洗髪
  • 通院などの介助
  • 調理
  • 洗濯
  • 掃除
  • 生活必需品の買い物
  • 関係機関との連絡 など

難病患者等短期入所事業

  いつも介護してくれている方が、病気・冠婚葬祭・旅行などの一時的な事情で介護できない間、代わりに介護してくれる施設を手配します。
  原則として、入所期間は最大7日以内とします。
 

難病患者等日常生活用具給付事業

  難病患者の方が市が定めた福祉用具を購入する場合,費用の一部を負担します。
  ただし,障害者の福祉用具購入補助事業(福祉用具の購入・修理)や介護保険で同種の用具を購入・レンタルすることができる方には,ご遠慮いただく場合があります。

ご注意ください、必ず,購入前にご相談ください。
  詳しくはこちらの「難病患者等日常生活用具給付事業」ページをご確認ください。

対象となる方

  次に挙げる要件を全て満たす方が対象です。

  • 「障害福祉サービス等」の対象となる疾病にり患している(対象疾病一覧(PDF 1,443KB)PDF
  • 病気によって日常生活を営むことに支障があり、介助等を必要としている
  • 医師から自宅療養の許可が出ていて、実際に自宅療養している(またはする予定である) 
  • 介護保険制度や障害者制度によって、同様のサービスを受けることが出来ない

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。