災害にそなえて

非常時に備えて次のことを実践してください

ふだんからの心がまえ

  地震や台風、火災などの災害はいつ起こるかわかりません。ふだんから非常時に備えて消火器や非常持出品などの防災用品を整え、各家庭で市内の避難場所を確認し合うなどの準備と心構えが必要です。

  非常持ち出し品チェックリスト(PDF 65KB)PDFファイルダウンロード

災害に備えて家族で話し合うイラスト

地震に備えて

地震が発生したら

  地震はいつ起こるか正確な予知はできません。だからこそ日頃から安全対策とイザというときあわてず、的確な行動がとれるようにしておくことが大切です。

地震から身を守る10か条

  1. まず身の安全を
  2. すばやく火の始末
  3. 戸を開けて出口を確保
  4. 火が出たらすぐ消火
  5. あわてて外に飛び出さない
  6. 狭い路地やブロック塀には近づかない
  7. 山崩れ、がけ崩れ、津波に注意
  8. 避難は徒歩で
  9. 協力し合って応急救護
  10. 正しい情報を聞く

災害伝言ダイヤル電話番号171

  災害伝言ダイヤルは、地震、噴火などの災害により、被災地への通信が増加し、電話がつながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。
  利用方法については、NTT東日本のホームページでご確認ください。

  災害への取り組み NTT東日本外部リンク (災害伝言ダイヤル171)

災害用伝言ダイヤルへのリンク

関連リンク

防災関係の情報

防災の知識を深める

災害用伝言板サービス

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。