印鑑登録・市民カードに関すること

印鑑登録を行うと市民カードが発行されます

印鑑登録

 印鑑登録できる方は、神栖市に住民登録している方です。(成年被後見人および,15歳未満の方を除きます。)

 

登録できる印鑑は、次のものです。

  • 印影の大きさが1辺の長さが8ミリメートル以上25ミリメートル以下のもの
  • 住民基本台帳に記載されている氏名や氏、名、氏名の一部を組み合わせたもの
  • 外国人住民にあっては、通称または氏名のカタカナ表記も可

ご留意欠けたりすり減ったもの、ゴム印、職業や住所の入ったものは登録できません。また、既製印は同一印影が多数存在するためご遠慮ください。 
 同一世帯で同じ印鑑または、似ている印鑑も登録できません。

本人確認について

 印鑑登録証明書の交付を受ける際には、神栖市民カードまたは印鑑登録証、および本人確認のできる書類(運転免許証やパスポートなど)の提示が必要です。
 

転入してきたときは

  必要な方は新規として印鑑登録してください。前住所地での印鑑登録は転出をもって抹消されます。

転出するときは

  神栖市での印鑑登録は抹消されます。転出届をする際、市民カード(印鑑登録証)を返還してください。
 

神栖市民カード

神栖市民カード画像


  印鑑登録した方には,印鑑登録証を兼ねた神栖市民カードを交付します。
  神栖市民カードは,暗証番号を登録すれば,証明書自動交付機で「住民票」と「印鑑証明書」が発行できます。
 

印鑑登録せずに市民カードの交付を受けるときは

 印鑑登録をしなくても,証明書自動交付機を使って住民票を取りたい場合は,市民カードを申し込めます。(この場合,印鑑証明は交付できません)
ご注意ください、後日,印鑑登録する場合には,市民カードをご持参ください。
市民カード交付に必要なもの
  • 顔写真付きで官公庁が発行した本人確認のできる書類 (運転免許証など)
    ご注意ください、ない場合は即日交付できません。
  • 印鑑(印鑑登録する場合は登録する印鑑)
  • 切り替えの場合は印鑑登録証

ご注意ください、住民基本台帳カード」とは機能が異なります

  2つのカードの違いについては、こちらの「市民カードと住民基本台帳カード」ページをご確認ください。

 


  証明書自動交付機の利用時間などはこちらの「証明書自動交付機」ページをご確認ください。

印鑑登録申請・届け出に必要なもの一覧表

本人による申請の場合

申請の種別 申請に必要なもの
印鑑 認印 印鑑登録証 市民カード 本人確認ができること
印鑑登録申請

印鑑必要



交付されている市民カードは必要 本人確認が必要
登録印の廃止届 申請後,新たに印鑑登録する場合は印鑑が必要。 認印が必要。 交付されている印鑑登録証が必要。 交付されている市民カードが必要。 申請後,新たに印鑑登録する場合は本人確認が必要。
印鑑登録証の亡失届 申請後,新たに印鑑登録する場合は印鑑必要 認印が必要。

申請後,新たに印鑑登録する場合は本人確認が必要。
印鑑登録証から市民カードへの切替
認印が必要。 印鑑登録証必要
本人確認が必要
市民カード交付申請
認印が必要。

本人確認が必要
市民カードの廃止届
認印が必要。
市民カード必要
市民カード暗証番号の登録・変更
認印が必要。
市民カード必要 本人確認が必要
かならず必要マーク  必ず必要なもの
申請後,新たに印鑑登録する場合は本人確認必要マーク  各申請後、新たに印鑑登録をする場合に必要なもの
交付されている印鑑登録証が必要マーク  交付されている場合に必要なもの

本人確認について
  • 官公署発行で写真貼付の免許証や許可証、運転免許証やパスポート、在留カード、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付されたものに限る)などを提示してください。
    または,本人であることを保証する方の同伴(保証人)が必要です。
  • 保証人となれる方は神栖市に印鑑登録してある方です。保証する方は印鑑登録証(市民カード)と登録印をお持ちください。
  • 本人確認できない場合は即日登録できません。通知郵送による本人確認となりますので通知が届いてから再度お越しいただくことになります。

代理人による申請の場合

申請の種別 申請に必要なもの
本人の登録する印鑑 本人の印鑑登録証 本人の市民カード 代理人の印鑑 委任状
(各申請を委任する旨のもの)
印鑑登録申請

本人の登録する印鑑が必要


交付されている市民カードが必要

代理人の印鑑が必要 委任状が必要
登録印の廃止届 申請後,新たに印鑑登録する場合は本人の印鑑が必要。 各申請後、新たに印鑑登録をする場合,本人の印鑑登録証が必要。 交付されている市民カードが必要。 代理人の印鑑が必要。 委任状が必要。
印鑑登録証の亡失届 申請後,新たに印鑑登録する場合は本人の印鑑が必要

代理人の印鑑が必要

委任状が必要
印鑑登録証から市民カードへの切替
本人の印鑑登録証が必要

代理人の印鑑が必要

委任状が必要
市民カード交付申請


代理人の印鑑必要

委任状が必要
市民カードの廃止届

市民カード必要

代理人の印鑑必要 委任状が必要
かならず必要マーク  必ず必要なもの
申請後,新たに印鑑登録する場合は本人確認が必要マーク  各申請後、新たに印鑑登録をする場合に必要なもの
交付されている印鑑登録証が必要マーク  交付されている場合に必要なもの
委任状について
  委任状の参考様式を掲載しました。こちらの「証明書等委任状」ページをご確認ください。
代理申請の場合は郵送通知後の交付です
  • 代理人申請の場合、市民カードの即日交付はできません。通知郵送による本人申請確認となります。
  • 通知が届いてから本人または,代理人の方(印鑑登録証受領を委任する旨の委任状が必要)が再度お越しください。
  • お越しになる時は本人または,代理人の方の本人確認ができるものをお持ちください。
2017年9月27日

印鑑登録および印鑑登録証明書(印鑑証明)の受付窓口

印鑑登録の受付窓口

  印鑑登録は神栖市役所本庁波崎総合支所・防災センターで受け付けております。
 

印鑑登録証明書などの受付窓口

  印鑑登録証明書は、次の公共施設で交付を受けられます。
  住所・地図・電話番号などはそれぞれのリンク先をご確認ください。 その他、証明書自動交付機(事前に暗証番号の登録が必要)で取得することができます。

  詳しくはこちらの「証明書発行に関すること」ページをご確認ください。


このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。