窓口での本人確認

戸籍の窓口での「本人確認」が法律上のルールになりました

 平成20年3月1日から戸籍謄本・抄本、住民票の写し、印鑑登録証明書などの交付申請の際、窓口に来られた方の本人確認を実施しています。
 全国的に、第三者が本人になりすまして不正な手続きを行う事件が後を絶たないことから、これを未然に防止するとともに個人情報を保護するために行うものです。

皆さまにはお手数をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
 

本人確認の対象となる申請など

  • 戸籍法で規定する戸籍謄本・抄本、戸籍に関する届など
  • 住民基本台帳法で規定する住民票の写し、住民異動届など
  • 条例で規定する市民カード交付 ・ 印鑑登録申請、印鑑登録証明書など
  • 自動車の臨時運行許可申請、身分証明書などの行政証明書
2016年5月10日

本人確認のため提示していただく証明書など

1点提示

  官公署発行の顔写真付き証明書など

証明書の例

  その他のものについては、詳しくは市民課までお問い合わせください。

2点提示

  • 官公署発行の証書または手帳など
    たとえば、国民健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、各種年金証書など
  • その他適切と認める書類
    たとえば、クレジットカード、社員証、学生証、公共料金の領収書など
ご注意ください前述の証明書などのうち有効期限の定めがあるものについては、有効期間内のものに限ります。また、本人を確認できる証明書などをお持ちでない方には、聞き取りなどによる確認や後日文書でのお知らせをさせていただくことがあります。

郵送申請の場合

  必要な本人確認の書類の写し(コピー)を必ず同封してください。個人の場合は前述のような運転免許証やマイナンバーカードのコピーを、法人の場合は会社謄本などのコピーを同封してください。
  郵送申請に必要な書類に関しては、各担当課までお問い合わせください。

参考リンク

「戸籍の窓口での「本人確認」が法律上のルールになりました」(法務省)外部リンク

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。