よくあるご質問Q&A(届出・登録・証明)

土曜日・日曜日でも,住民票(写し)は取れますか?

答え 土曜日、日曜日、祝日は神栖市役所本庁、波崎総合支所、若松出張所(若松公民館 内)に設置された証明書自動交付機で取得できます。ご注意ください、ご利用には、暗証番号を登録した神栖市民カードが必要です。住民票の写しほかに、印鑑登録証明書も発行しています。

  また、第2・第4日曜日に行なっている日曜開庁(本庁と総合支所)でも取り扱います。
   2016年4月1日(金曜日)から  マイナンバーカード(個人番号カード)を利用した証明書のコンビニエンスストア交付サービスがはじまりました。

  詳しくは各リンク先をご確認ください。

住民票(写し)は誰でも請求できますか?

答え  世帯員以外の方からの請求は、使いみちを明確にし、世帯の方からの委任状、または利害関係のわかる書類(契約書の写しなど)、本人確認のできる書類(運転免許証やパスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)など)が必要です。請求が不当な目的による場合は、交付できません。

住所の変更(転入、転出、転居届など)は、土曜日・日曜日でも手続きできますか?

答え住所変更(転入、転出、転居届など)の手続きは、平日にあたる月曜日~金曜日の窓口取り扱い時間内(午前8時30分~午後5時15分),および第2・第4日曜日に行なう日曜開庁で取り扱います。神栖市役所本庁のほか、波崎総合支所で手続きができます。 
  詳しくは「日曜開庁」ページをご確認ください。

戸籍謄本(全部事項証明)と戸籍抄本(個人事項証明)の違いは何ですか?

答え
戸籍謄本(全部事項証明) とは
戸籍の全員の写しのことです。
戸籍抄本(個人事項証明)とは
戸籍の個人の写しのことです。

戸籍の筆頭者って誰ですか?

答え  戸籍の最初に記載されている人を筆頭者といいます。戸籍は、夫婦と、結婚していない子を一つの単位としています。婚姻するとき、夫の氏を選んで婚姻すると夫が筆頭者、妻の氏を選んで婚姻すると妻が筆頭者です。
 筆頭者となった方が死亡しても、筆頭者が変わることはありません。筆頭者は、本籍の表示とあわせて、戸籍を検索するインデックスのような役割をしています。

改製原戸籍って何ですか?

答え 法律の改正によって、戸籍の様式が改められると、古い様式から新しい様式へ戸籍を改製します。古い様式の戸籍を「改製原戸籍」といいます。その古い様式の戸籍も、改製されたからといって、まったくなくなるわけではなく、保存され、その当時の身分関係を証明します。

 改製原戸籍は、大きくは二つに分かれています。一つは、一般的に「昭和改製原戸籍」と呼ばれ、昭和30年代前の戸籍です。当時は「家」を単位として戸籍がつくられました。(今現在は、「一組の夫婦と結婚していない子」を一つの単位としています。)
 もう一つは、「平成改製原戸籍」と呼ばれています。戸籍事務をコンピュータで処理できるよう法律が改正され、コンピュータ化前の戸籍をいいます。神栖市では、本籍地が旧神栖町の方は、平成8年1月13日に、旧波崎町の方は、平成17年7月2日に戸籍のコンピュータ化をしました。

土曜日・日曜日や夜間でも婚姻届は受け付てもらえますか?

答え 婚姻届出生届などの戸籍の届書は,365日24時間,神栖市役所本庁および波崎総合支所で受付しています。
 ただし、夜間休日は,受付だけとなりますので、書類に不備があった場合は,後日、窓口にお越しいただいて手続きが必要になる場合があります。この場合でも受付日が受理日となります。(後日、審査の結果、何らかの理由で届書をお返しする(いわゆる不受理)場合もあります。)
 また、住所変更や国保、児童手当などの手続きや、出生届の際の母子手帳への出生届済証明の記入は、月曜~金曜の窓口取扱時間内および日曜開庁(本庁と総合支所)で取り扱います。詳しくは「日曜開庁」ページをご確認ください。

土曜日や日曜日でも戸籍の証明(戸籍謄本など)は取れますか?

答え  各窓口では、土曜日・日曜日・祝日と年末年始は、戸籍の証明書の交付をしていません。
  ただし、日曜開庁(神栖市役所本庁と波崎総合支所)では取り扱います。日曜開庁日など詳細はこちらの「日曜開庁」ページをご確認ください。 
   また、2016年4月1日(金曜日)から  マイナンバーカード(個人番号カード)を利用した証明書のコンビニエンスストア交付サービスがはじまりました。マイナンバーカードをお持ちの方、かつ住所および本籍地が神栖市の方のみ、コンビニで交付を受けられます。

 各窓口の取り扱い時間は次のとおりです。ご注意ください、休館日については、各サービスコーナへお問い合わせください。

神栖市役所 本庁

  • 電話番号0299-90-1111(代表)
  • 月曜日~金曜日および日曜開庁日の午前8時30分~午後5時15分

波崎総合支所

  • 電話番号0479-44-1111(代表)
  • 月曜日~金曜日および日曜開庁日の午前8時30分~午後5時15分

矢田部出張所(矢田部公民館

  • 電話番号0479-48-0002
  • 月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分

若松出張所(若松公民館

  • 電話番号0479-46-0004
  • 月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分

うずも行政サービスコーナー(うずも図書館

  • 電話番号0299-90-5302
  • 火曜日~金曜日(休館日を除く)の午前9時30分~午後5時15分

大野原行政サービスコーナー(歴史民俗資料館

  • 電話番号0299-90-1234(代表)
  • 火曜日~金曜日(休館日を除く)の午前8時30分~午後5時15分

はさき行政サービスコーナー(はさき生涯学習センター

  • 電話番号0479-44-0001(代表)
  • 火曜日~金曜日(休館日を除く)の午前8時30分~午後5時15分

戸籍謄本や戸籍抄本を取りたいのですが、どうすればいいですか?

答え  戸籍の証明は、本籍地がある役所のみの発行となります。神栖市に本籍がある方は、「土曜日や日曜日でも戸籍の証明(戸籍謄本など)は取れますか?」に掲載した各窓口で発行できます。
  また、遠隔地にお住まいの方などのために、郵送による交付請求(「郵送で交付請求する場合」ページ参照)も受け付けています。
   なお、2016年4月1日(金曜日)から  マイナンバーカード(個人番号カード)を利用した証明書のコンビニエンスストア交付サービスがはじまりました。マイナンバーカードをお持ちの方、かつ住所および本籍地が神栖市の方のみ、コンビニで交付を受けられます。

ご留意神栖市に住所登録がある方でも、神栖市に本籍がない方は発行できません。本籍が他の市区町村の方は、直接その役所へお問い合わせください。

戸籍謄本や戸籍抄本は郵送でも請求できますか?

答え  郵送による交付請求も受け付けています。こちらの「郵送で交付請求する場合」ページをご確認ください。

戸籍謄本や戸籍抄本は代理の人でも取れますか?

答え 本人から見て、次の方ならば代理として戸籍謄本(全部事項証明)や戸籍抄本(個人事項証明)がとれます。
  • 祖父母
  • 父母

  この方たち以外が代理人になる場合は、委任状が必要です。

戸籍謄本や戸籍抄本は誰でも請求できますか?

答え  他の人の戸籍を請求する場合は、具体的な使用目的・理由を明確にしなければなりません。不当な目的による場合は、交付できません。
 また、除籍に関する証明は、その戸籍に記載されている人や配偶者や直系(祖父母、父母、子、孫)など、請求できる方が限られています。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。