市ホームページリニューアルに関するアンケート 
税を考える習慣【国税庁の取組紹介】トップページ 
市・県民税(死亡の場合)

亡くなった方の市・県民税は納税しないといけないのですか?

賦課期日(毎年1月1日)に居住している市区町村で課税するため、賦課期日後にお亡くなりになられた場合でも、今年度の市・県民税は収めていただくことになります。

納税通知書は相続人(配偶者、子、親、兄弟姉妹)の方へ送付いたします。

、相続放棄される場合は、お手数ですが「相続人放棄申術受理通知書」などの写しを提出してください。

また、前年中にお亡くなりになられた方につきましては、今年の1月1日に住所がありませんので、今年度の市・県民税が課税されることはありません。

一方、所得税については、申告が必要となる場合がありますので、詳しくは潮来税務署(代表番号0299-66-6931)へお問い合わせください。

<No.192>
更新日:2017年11月13日

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。