草木の張り出し

土地の所有者の責任を問われる場合があります

 私有地から道路(歩道)への倒木、枝の張り出し、雑草の生い茂りなどにより、通行の障害になっている箇所が多数見受けられます。これらに起因して、車両や歩行者に事故が発生した場合は、土地の所有者の責任を問われる場合があります。

  • 民法第717条土地の工作物の占有者及び所有者の責任
  • 道路法第43条道路に関する禁止事項
  宅地や未利用地に限らず、これらの伐採・枝払い・除草などは、原則、土地所有者に実施をお願いしているところでありますので、次のような状態が見られる土地の所有者の皆様には、該当物の適切な管理をお願いいたします。
  また、強風や大雨などの後にも、特に注意されるようにご協力お願います。

問題のある一例

  • 道路・歩道へ樹木が張り出している。
  • 折れ枝や雑草などによる通行障害がある(恐れがある)
  • 竹林の繁茂による通行障害がある(恐れがある)

  茨城県潮来土木事務所外部リンク(国道,県道管理)でも注意を呼びかけております。
  パンフレット(PDF 150KB)PDFファイルダウンロード


このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。