滞納処分

滞納処分について

  滞納の状態が続いた場合,「国税徴収法」や「地方税法」などの規定に基づき,所有財産(不動産・預貯金・給与など)の差し押さえを行います。差し押さえた不動産は公売などにかけ,未納分の市税にあてています。

  市としては,皆様の自主的な納付をお願いしていますが,納付いただけない場合,税負担の公平を期するため,やむを得ず滞納処分を行うことになります。

  このようなことにならないためにも,必ず市役所納税課まで納付についてご相談ください。


参考として、地方税法第331条(市町村民税に係る滞納処分)

1.市町村民税に係る滞納者が次の各号の一に該当するときは,市町村の徴税吏員は,当該市町村民税に係る地方団体の徴収金につき,滞納者の財産を差し押さえなければならない。

  1. 滞納者が督促を受け,その督促状を発した日から起算して10日を経過した日までにその督促に係る市町村民税に係る地方団体の徴収金を完納しないとき。
  2. 滞納者が繰上徴収に係る告知により指定された納期限までに市町村民税に係る地方団体の徴収金を完納しないとき。

市税の納め忘れはありませんか?

  「納税は教育・労働とともに国民の三大義務の一つです。」

  「納め忘れた」「納められない」「納めたくない」もしあなたが市税などを納めなかった場合,どうなるのでしょうか?

  納期限を過ぎると延滞金が加算され,さらに未納の場合,貴重な財産(預貯金,不動産,給与など)が差し押えられる場合もあります。

滞納発生から督促,差し押さえ,完納までの流れ図

公平な納税のために

  滞納となっている税金を放置しておくことは,納期限内にきちんと納付していただいている大多数の善良な納税義務者との公平性を欠くことになります。また,滞納が多くなることは,市の財政を圧迫し,住民サービスに支障をきたすことにもなりかねません。

  このようなことから市では,納付できる資力がありながら納付しない滞納者に対し,滞納処分を強化しています。

滞納を放置しておくと?

  全国の市町村では,国から地方への税源委譲(所得税を減額し,市民税を増額し地方の財源とした)により,地方税(住民税・固定資産税・軽自動車税等)の徴収をさらに強化するとともに,滞納者に対して,ますます厳しい処分をせざるを得ない状況です。

  滞納状態を放置すると,本税に延滞金を含めた滞納税額を強制徴収されることになります。

延滞金について

 未納にかかる本税の額に,次の延滞金の割合を乗じて計算します。
延滞金の割合一覧表
納期限の年(1月1日~12月31日) 納期限の翌日から1か月の間(年率)  納期限の翌日から1か月を経過した日から納付の日までの期間(年率)
平成11年まで

7.3%

14.6%

平成12年から平成13年

4.5%

平成14年から平成18年

4.1%

平成19年

4.4%

平成20年

4.7%

平成21年

4.5%

平成22年から平成25年

4.3%

平成26年

2.9%

9.2%

平成27年

2.8%

9.1%

平成28年

2.8%

9.1%

平成29年

2.7%

9.0%


事情のある方はご相談ください

 病気や失業・事業の経営不振など,やむを得ない理由で一時的に税金を納期内に納付することが困難な方については,生活状況などを聞かせていただいたうえで,徴収の猶予などをすることができます。まず,納税相談にお越しください。


滞納処分、その前に!

  市ではやむを得ない理由で,一時的に税金の納付が困難な方と資力がありながら未納となっている滞納者を見極め,財産調査(預貯金,生命保険,不動産の所有状況,勤務先への給与支給状況の調査など)とそれらに対する差し押さえを強化しています。

  また,茨城租税債権管理機構外部リンクへの徴収委託や差し押さえ財産の公売による換価なども行なっております。

  今後も,悪質な滞納事案には毅然とした対応をし,滞納処分を行うなど,納期限内に納税をしていただいている大多数の皆さんとの公平性を保つため,一層の滞納整理に努めます。


茨城県租税債権管理機構とは
市町村から依頼を受け,滞納処分にともなう徴収業務を行う組織です。県内の市町村で構成され,茨城県が支援を行います。

自動車差押さえ(タイヤロック方式)の導入

  平成20年度から従来の差し押さえに加えて自動車の差し押さえを行っています。税金を納付できる資力を持ちながら,再三の催告にも応じない悪質な滞納者に対して行います。
  なお,差し押さえた自動車は,運行・使用をさせないための措置としてタイヤロックを装着し滞納者等に保管命令を行い,それでも納税されないときは引き揚げて公売を行います。
 

タイヤロック・公示書と公示書装着例

タイヤロックと公示書 車への公示書装着例

タイヤロック装着例

タイヤロック装着 タイヤロック装着例

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。