保険証が使えない場合

保険証が使えない場合があります

  けがや病気等で医療機関に受診する場合,けがや病気の条件によっては,国民健康保険被保険者証が使えない場合があります。使えない場合は,次のとおりです。


病気とみなされないもの

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 予防注射
  • 美容整形
  • 歯列矯正
  • 正常な妊娠・出産 など

労災保険の対象となるもの

 仕事上の病気やけが

保険の給付が制限されるもの

  • 故意の犯罪行為・事故でのけが
  • けんかや泥酔での病気・けが

交通事故などにあったときで、使えない場合があります

  交通事故や傷害事件など第三者の行為によってけがをしたときの医療費は、本来、加害者が負担するものですが、国保の保険証を使って医療機関にかかることができます。保険証を使う場合は、必ず国保の窓口へ届け出をしてください。

ご注意ください、加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと保険証が使えなくなり、自由診療となってしまいます。
 

届け出に必要なもの

  • 第三者行為による被害届
  • 事故発生状況報告書
  • 交通事故証明書
  • 人身事故証明書入手不能理由書(交通事故証明書が物件事故扱いになっている場合)
  • 念書
  • 誓約書
  • 国民健康保険証
  • 印鑑(朱肉をつかうもの)
  • マイナンバーのわかるもの(通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)、マイナンバー(個人番号)記載の住民票など)

届出様式

第三者行為による被害届
事故発生状況報告書
人身事故証明書入手不能理由書
念書
誓約書

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。