市ホームページリニューアルに関するアンケート 
国民健康保険

国民健康保険のお知らせ

国保のしくみ

 私たちは、いつ病気やケガに襲われるかわかりません。そうした時に備えて、わが国ではすべての方が社会保険や国民健康保険などの医療保険に加入し、日頃からお金を出し合い、その集めたお金を医療費に充てようという「国民皆保険制度」をとっています。この「国民皆保険制度」のおかげで私たちは、医療費の一部負担金を支払うだけで医療を受けられます。

 国民健康保険(国保)はその医療保険のひとつで、市区町村が運営しています。職場の健康保険(社会保険、いわゆる社保)、後期高齢者医療制度に加入している人や生活保護を受けている人を除いて、すべての人が国民健康保険に加入します。
  日本では誰もが安心して医療を受けられるように、すべての人が医療保険に加入することになっているからです。


 国民健康保険は、病気やけがをしたときに、安心して医療が受けられるよう、加入者(被保険者)が所得に応じて保険税を出し合い、医療費をみんなで負担し合う「相互扶助」の制度です。
 加入者(被保険者)は、医療機関などの窓口で、医療費の1割から3割を支払い、残りは市町村(保険者)が負担します。

国保の仕組みの流れ図

 

国保に加入する方

  • お店などを経営している自営業の方
  • 職場の健康保険等に加入されていない方
  • 退職して職場の健康保険等をやめた方
  • 日本国籍以外の方で、住民票が作成される方 (決定された在留期間が3か月を超える方です。)

ご注意ください、2012年(平成24年)7月9日から外国人住民の国民健康保険加入要件が変更されました。(外国人住民の国保加入(2012年7月9日)

納税義務者について

 保険税は、住民税のような個人課税ではなく、世帯ごとに課税するため、住民票上の世帯主が代表して納税義務者となります。
 世帯主自身は国保に加入していなくても、世帯員が国保に加入していれば、その世帯主は擬制世帯主と呼ばれ、同様に納税の義務を負います(ただし、保険税の計算は加入者のみ)。世帯とは、生計を一にする単位ですので、生計を別にしている世帯員を納税義務者としたいときは、住民票の世帯分離(別途届出が必要)により行うことができます。

加入の届け出が遅れた場合は?

  • 医療機関にかかった場合、一旦全額自己負担となります。
  • 加入しなければならなかった時までさかのぼって保険税を納めることになります。
2012年7月9日

2012年(平成24年)7月9日から外国人住民の国民健康保険加入要件が変更されました

 法律の改正により、国民健康保険に加入する外国人住民の要件が次のとおり変更されました。  
現在の加入要件こちらは2012年7月9日(月曜日)から開始

  住民票が作成される方
(決定された在留期間が3か月を超える方です)


ご注意ください、住民票については,「外国人住民に関する登録の制度が変わります」ページをご確認ください。
attention、who are viewing using the google translation, please refer to the corresponding page of the Japanese to make it easier to translate.System of registration for foreign residents were changedlink

国民健康保険関連ページ一覧

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。