市ホームページリニューアルに関するアンケート 
限度額適用認定証および限度額適用・標準負担額減額認定証
2016年4月1日

認定証を提示すると窓口での支払いが自己負担限度額までとなります

  「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を病院に提示すると、窓口での支払い(自己負担分)が限度額までとなります。
  住民税非課税世帯については、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで食事代も減額になります。
  なお、次のことにご注意ください。

  • 申請月の初日から該当しますので、診療が始まった月の間に申請してください。
  • 70歳未満の方は、保険税に未納がある場合は申請できません(標準負担額減額認定証を除く)。
  • 70歳以上75歳未満の一般・現役並み所得者の方は、高齢受給者証で所得区分が確認できるため、限度額認定証の掲示は必要ありません。

医療費の自己負担の限度額

  「高額療養費」のページをご確認ください。

認定証を申請するには

  次のものを持参して申請先窓口で申請してください。

申請に必要なもの

ご注意ください、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始により、2016年1月から申請にマイナンバー(個人番号)が必要になります。

申請先

入院時食事標準負担額(1食あたり)

入院時の食事負担

  入院時の食事代については,他の療養にかかる医療費と別枠で,次のように負担していただきます。
所得による負担区分 負担額(1食あたり)
住民税課税世帯
(住民税非課税世帯・低所得者2・1以外の方)

360円


住民税非課税世帯・低所得者2
  • 過去12か月の入院日数が90日までの場合210円
  • 過去12か月の入院日数が90日を越える場合160円
低所得者1

100円


ご注意ください、住民税課税世帯の方の負担額が平成28年4月1日(金曜日)より260円から360円へ引き上げられました。さらに、平成30年4月1日(日曜日)からは460円へ引き上げられます。
  ただし、難病・小児慢性特定疾患者および平成28年4月1日においてすでに1年を越えて精神病床に入院している方は260円となります。
ご注意ください、過去12か月で90日を超える入院をされている方のみ3か月分の入院の領収書が必要となります。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。