国民年金給付の種類

年金の種類には次のものがあります

老齢基礎年金

  保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年(昭和5年4月1日以前に生まれた人は年齢によって短縮されます)以上の人が65歳になったときから支給されますが,60歳からの繰上げ請求もできます。
  老齢年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構外部リンク
 

障害基礎年金

  病気やけがで障害者になったときに請求できます。
  ただし,保険料を納めた期間(免除を含む)が初診日前々月までの加入期間の3分の2以上あることが必要です。(平成28年3月末日までに初診日のある人は3分の2の条件を満たさなくとも,初診日前々月までの1年間に保険料の納め忘れがないときは支給されます)。20歳前に初診日がある場合は、保険料の納付については問いません。
  障害年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構外部リンク

遺族基礎年金

  加入者または老齢基礎年金の受給資格を満たした人が亡くなったときに,その人によって生計を維持されていた18歳未満の子(障害者は20歳未満)のある配偶者,または子に支給されます。
  ただし,保険料を納めた期間(免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上あることが必要です。
(平成28年3月末日までに亡くなったときは,3分の2の条件を満たせなくても,死亡日の前々月までの1年間に納め忘れがないときは支給されます。)
  遺族年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構外部リンク

付加年金

  第1号被保険者が国民年金の保険料のほかに月額400円を上乗せして納めると,将来受け取る老齢基礎年金に付加年金が上乗せされる制度です。
  この月額400円の保険料を付加保険料といいます。
  付加保険料の納付のご案内|日本年金機構外部リンク

申込み先

  国保年金課(神栖市役所本庁)または市民生活課(波崎総合支所・防災センター)でお申し込みできます。

付加年金(年間受け取り額)の計算式

  付加年金(年間受け取り額)の計算式=200円×付加保険料納付月数

  たとえば、10年間付加年金を支払うと、400円×120月(10年×12月)=48,000円の負担で、200円×120月(10年×12月)=24,000円(年間受け取り額)になります。
 

ご留意ください
  • 付加保険料は申し込んだ月から納めることができます。
  • 国民年金基金に加入している方は,付加保険料を納めることはできません。
  • 昭和61年3月までに付加保険料を納めた期間があるサラリーマンの配偶者なども,これに見合う付加金が支給されます。

寡婦年金

  第1号被保険者としての保険料納付済み期間と免除期間を合わせて,その期間が25年以上ある夫が年金を受けずに亡くなった場合,10年以上婚姻関係があり生計を維持されていた妻に60歳から65歳になるまで支給されます。
 寡婦年金を受けられるとき|日本年金機構外部リンク

寡婦年金額

  寡婦年金額=夫が受けられるはずだった老齢基礎年金額×4分の3

ご留意ください
  • 亡くなった夫が障害基礎年金や老齢基礎年金を受けていた場合は,支給されません。
  • 夫が亡くなった時,妻が老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている場合も支給されません。

死亡一時金

  第1号被保険者として3年以上保険料を納めた方が老齢基礎年金,障害基礎年金を受けずに亡くなった場合,生計を同じくしていた遺族に支給されます。 
  死亡一時金を受けられるとき|日本年金機構外部リンク

死亡一時金の額

納付期間別死亡一時金一覧表
保険料納付済み期間 支給金額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満  170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円
ご留意ください
  • 遺族基礎年金を受けられる遺族がいる場合,死亡一時金は支給されません。
  • 寡婦年金と死亡一時金の請求権がある場合,どちらか一方の選択となります。
  • 付加保険料を36月以上(3年以上)納付していた場合,表の金額に8,500円が加算されます。
  • 死亡一時金を受け取る権利の時効は,死亡日翌日から2年です。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。