茨城国体2019への外部リンク
文化財のよくある質問とその回答

文化財について説明します

  住宅を建てる時などに文化財が出てくることがあります。このページでは,文化財についてよくご質問いただくく内容をQ&A形式で記載しております。

文化財Q&A

Q1 埋蔵文化財とはなんですか。

回答埋蔵文化財とは,土地に埋蔵されている文化財であり,遺構と遺物からなります。遺構とは住居跡や貝塚などの生活の痕跡のことです。遺物とは土器や石器などの道具類などを指します。これらを包蔵する土地を埋蔵文化財包蔵地といいます。

Q2 遺構とはなんですか。

回答遺構とは昔の人々がつくったいろいろな施設の痕跡のことです。住居跡・貝塚・お墓などがあります。

Q3 遺物とはなんですか。

回答土の中から発見される昔の人が残した土器や石器などの道具類や食べかすなどのことです。

Q4 埋蔵文化財はなぜ保護しなければならないのですか。

回答埋蔵文化財は,土地に埋蔵されていて,目に直接確認できない状態にあります。このため,所在が知られていないか,知られていても範囲が正確につかめていない場合が多いのです。
  そして,これらは当時の人々の生活の様子を直接的に伝える資料であります。また,文献資料が残されていない時代にあっては,唯一の貴重な歴史的・文化的資料として価値をもつものであり,文献資料が残されている時代にあっても,文献資料の内容の検証とともに新たな事実の証明など資料としての価値をもつものです。
  しかし,地中に残されている状態のものであり,土木工事等で一度破壊されると,元に戻すことができないため,保護する必要があります。

Q5 周知の埋蔵文化財包蔵地とはなんですか。

回答土地に埋蔵文化財がある場合,埋蔵文化財を保護するためそのことを広く市民にお知らせする必要があります。神栖市教育委員会では,文化財分布地図を作成し,周知を図っています。
  土木工事等を行いたい方は,まず,工事予定地やその周辺に埋蔵文化財包蔵地があるかないか埋蔵文化財の有無を確認してください。

 

Q6 埋蔵文化財が予定地内にありそうですが,まずどうしたらよいですか。

回答当市教育委員会に照会し,埋蔵文化財の確実な範囲を把握してその取扱いについて協議するとともに,法で定められた事務手続きを行なってください。(埋蔵文化財取扱いと流れ

Q7 地図上では埋蔵文化財がありますが,以前の工事で破壊されているようですが手続きは必要ですか。

回答過去に工事が行われた場合でも,埋蔵文化財の有無を照会してください。

Q8 「埋蔵文化財の有無の照会」が必要な場合とは,どのような場合ですか。(12月6日更新)

回答神栖市文化財保護指導要項で,周知の埋蔵文化財包蔵地及びその近接する土地、工事の面積が1000平方メートル以上の場合には照会が必要と定められています。

 

Q9 発掘調査費用は誰が負担するのでしょうか。

回答事業者が負担します。

  埋蔵文化財は

「可能な限り現状のまま保存することが望ましいものであるが,開発事業等が計画されたことによりこれを現状のまま保存することができなくなった場合,少なくとも,発掘調査によって当該埋蔵文化財の記録を保存することとして,この場合,当該埋蔵文化財の現状による保存を不可能とする原因となった開発事業等の事業者に対してその経費負担による記録保存のための調査の実施を求めることとしている。」

(平成10年9月29日付け文化庁次長通知)とされています。したがって,記録保存をすることとなった遺跡については,発掘調査を実施し,このための費用は事業者(原因者)が負担することになります。



このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。