税を考える習慣【国税庁の取組紹介】トップページ 
償却資産に対する課税

償却資産に対する課税について説明します

評価のしくみ

 償却資産とは,会社や個人が事業のために所有している建築物,機械,器具,備品、船舶などの資産です。

前年中に取得された償却資産

  価格(評価額)=取得価額×[1-(減価率÷2)]
 

前年前に取得された償却資産

  価格(評価額)=前年度の価額×(1-減価率)

ご注意ください、これにより求めた取得価格が5%に満たない場合は,その5%を価格とします。
固定資産税における償却資産の減価償却の方法は,原則として定率法です。

  • 取得価格原則として国税の取り扱いと同様です。
  • 減価率耐用年数に応じて減価率が定められています。

償却資産の申告

  毎年1月1日現在、償却資産を所有している方に申告していただくことになります。

  申告を必要とする方は、お持ちの資産に関する所定の事項を記入のうえ、1月31日までに課税課資産税グループ(神栖市役所 本庁舎2階)へ申告してください。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。