非自発的失業者の方に対する国保税の軽減措置
2016年4月7日

倒産や解雇などによる離職 (特定受給資格者) や,雇い止めなどによる離職 (特定理由離職者) をされた方へ

非自発的失業者の方に対する国保税の軽減措置

  勤めていた会社などをやむをえず離職された方(非自発的失業者)に対して,国民健康保険税が軽減されます。
 

対象者

  次のすべての条件を満たす方が対象です。
  • 離職時点で65歳未満であること
  • 雇用保険の特定受給資格者または特定理由離職者であること 
雇用保険受給資格者証の離職理由

  次のコードが記載されている方が対象者となります。

  • 特定受給資格者理由コード(11、12、21、22、31、32)
  • 特定理由離職者理由コード(23、33、34)

雇用保険受給資格者証イメージ画像

ご注意ください。特例受給資格者証,高年齢受給資格者証,船員保険法による受給者については,軽減の対象となりません。

軽減の内容

  国民健康保険税は,前年の所得などにより算定されます。軽減は,前年の給与所得をその100分の30とみなして行います。

軽減の期間

  保険税の軽減措置の期間は次のとおりです。
離職日 軽減対象期間
平成24年3月31日 平成24年4月1日~平成26年3月31日まで
平成24年4月1日~平成25年3月30日 国保加入日~平成26年3月31日まで
平成25年3月31日 平成25年4月1日~平成27年3月31日まで
平成25年4月1日~平成26年3月30日 国保加入日~平成27年3月31日まで
平成26年3月31日 平成26年4月1日~平成28年3月31日まで  
平成26年4月1日~平成27年3月30日   国保加入日~平成28年3月31日まで  
平成27年3月31日 平成27年4月1日~平成29年3月31日まで 
平成27年4月1日~平成28年3月30日 国保加入日~平成29年3月31日まで  
平成28年3月31日 平成28年4月1日~平成30年3月31日まで 
平成28年4月1日~平成29年3月30日 国保加入日~平成30年3月31日まで  
平成29年3月31日 平成29年4月1日~平成31年3月31日まで 
平成29年4月1日~平成30年3月30日 国保加入日~平成31年3月31日まで  
ご注意ください。軽減期間中に「職場の健康保険」に加入し、国保の資格を喪失した場合、軽減措置は終了します。

 

申請方法

  この軽減措置を受けるためには,特例対象被保険者等である旨を申告する必要があります。

 

申告に必要なもの
  • 雇用保険受給資格者証
  • 印かん(朱肉を使うもの)
    ご注意ください。雇用保険受給資格者証がない場合は申告受付ができません。
申告場所

 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。