海外療養費

海外渡航中に病気やけがで治療を受けたときは

  海外渡航中に病気やけがで治療を受けたとき,支払った医療費の一部が払い戻される場合があります。

払い戻しの対象

  日本国内で保険適用となっている医療行為について払い戻しの対象となります。
  国民健康保険用国際疾病分類表(PDF 178KB)
 

次のような場合には対象となりません。

  • 保険のきかない診療,差額ベッド代
  • 美容整形
  • 治療を目的に海外へ行き治療を受けた場合
  • 海外での入れ歯作成,高価な歯科材料や歯列矯正等
  • 眼科的疾病で,遠視,近視等の治療
  • 交通事故やけんか等第三者行為や不法行為に起因する病気・けが
  • 自然分娩

支給金額

  海外の病院等での治療費は各国によって異なります。海外療養費の額は,日本国内で同様の病気やけがをして国民健康保険で治療を受けた場合を基準にして決定します。(標準額)

  また,支給額決定のさいには,支給決定日の外国為替交換率(レート)が用いられます。
 

実際の医療費が日本国内での保険診療費より低い場合

  支給額=実際の医療費-(実際の医療費×自己負担割合)

実際の医療費が日本国内での保険診療費より高い場合

  支給額=日本国内での保険診療費-(日本国内での保険診療費×自己負担割合)

申請方法

海外に行く前に

  国保年金課(神栖市役所 本庁1階)または市民生活課(波崎総合支所・防災センター)で「診療内容明細書」と「領収明細書」を受け取り、海外へ携帯してください。

 

海外で受診した場合

  まず、かかった金額の全額を現地で支払います。「領収書」を受け取り,「診療内容明細書」と「領収明細書」を医師に記入してもらいます。月をまたがって受診した場合は1か月単位で作成してもらってください。

ご注意ください。「診療内容明細書」,「領収明細書」については日本語訳文が必要になります。日本語訳文には翻訳者の住所・氏名を記載し,押印してください。

 

帰国後

  国保年金課(神栖市役所 本庁1階)へ次のものを持参し,海外療養費の申請をしてください。

  • 診療内容明細書
  • 領収明細書
  • 領収書の原本
  • 診療内容明細書と領収明細書の日本語訳文
  • パスポート
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 世帯主の口座がわかるもの

申請様式

  診療内容明細書・領収明細書・診療内容明細書と領収明細書の日本語訳書類(PDF 58KB)


申請先・問い合わせ先

  国保年金課

  神栖市溝口4991-5 神栖市役所1階
  電話電話番号0299-90-1142

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。