教育ローン利子補給金

平成29年度分の利子補給新規申し込みの受付は終了しました

  平成29年度分の利子補給新規申込み受付は,2018年1月31日(水曜日)で終了しました。
  平成30年度分の利子補給新規受付開始日程は決定次第このページに掲載します。

2018年(平成30年)4月入学の方へ

  2018年4月入学の方は,入学後の4月以降に申請してください。平成30年度の申し込み期限は,決定次第このページに掲載いたします。

ご注意ください

  各年度の受付期間終了後に、年度をさかのぼっての受付はできません。申請時の学年で受付となります。

教育ローン利子補給金について

  教育の振興を図るため,教育資金を借り入れた方に対し,借入資金の支払利息について補給金を交付します。平成23年度(2011年4月申請分)から拡充し,対象限度融資額を300万円の利子について100%を支給します。(正規の修学年数内)

どんな人が受けられるの?(補給対象)

  • 世帯員の市税等が完納している方
  • 市内に1年以上住所を有している方
  • 現在子弟のために教育ローンを指定の金融機関から借り入れている方
  • 次の学校教育法に基づく学校に修学させている方
    • 大学(短大を含む)
    • 高等専門学校 (4年生,5年生)
    • 専門専修学校

ご注意ください

  利子補給申請できるのは,修学者1人につき1回です。すでに利子補給を受けている場合は追加申請できません。
  また,神栖市の奨学金等を受けている場合は利子補給できません。

どれだけ受けられるの?(補給額)

  対象融資限度額300万円に対して,正規の修学年数の利子を100%補給 

ご注意ください

  ただし,金融機関との契約方法や内容によっては,利子補給の対象に当てはまらない場合があります。
(利子が確定できない契約方式等,例として、当座貸越方式の借り入れは対象外)

いつまで受けられるの?(対象期間)

  申請年度より,正規の修学年数までが補給対象期間となります。
  例として、4年制大学1年生時に申請された場合、補給対象期間は4年間です。

ご注意ください、各年度の受付期間終了後に、年度をさかのぼっての受付はできません。申請時の学年で受付となります。

金融機関はどこ?

  指定の金融機関は次のとおりです。

  • 公的金融機関日本政策金融公庫
  • 民間金融機関市内に本店・支店のある金融機関

受付時期は?

  2018年4月入学の方は,入学後の4月以降に申請してください。平成30年度分の利子補給新規受付開始日程は決定次第このページに掲載します。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。