ピーマン栽培の土壌消毒への臭化メチル使用禁止
2012年10月31日

ピーマンへの臭化メチル使用は2013年から禁止されました!

  ピーマン栽培で土壌消毒に使用されていた臭化メチルは,使用禁止となりました。
  使用禁止は国際的な取り決めによるもので、容器に表示される有効年月以内であっても使用できませんのでご注意ください。

参考文献

  臭化メチルは、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書締約国会合で、フロンなどと同様にオゾン層破壊物質として指定され、一部の土壌くん蒸等の臭化メチルが必要不可欠な処理については、「不可欠用途」として使用が認められています。しかし、国際的な地球環境保護の観点から、不可欠用途であっても全廃すべきという動きが近年進んでおり、我が国においても、「不可欠用途臭化メチルの国家管理戦略」を策定し、臭化メチル全廃に向け、代わりとなる技術の開発・普及に取り組んでいます。

  農林水産省 消費・安全局植物防疫課防除班 平成23年11月4日発表、臭化メチル削減対策に関する情報:農林水産省外部リンクより引用

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。