東日本大震災復興緊急保証
2017年4月11日

中小企業者向け東日本大震災復興緊急保証

  国が、今回の震災に対する中小企業復興支援策として「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」を制定し、現在までのセーフティネット保証・災害対策保証とは別枠で保証可能な制度を設立しました。
ご案内、取り扱い期間が2018年3月31日(土曜日)までの貸付実行分に延長されました。

  東日本大震災復興緊急保証の概要(中小企業庁のPDFファイルにリンク)PDFファイルダウンロード外部リンク

保証概要

対象資金

  経営の安定に必要な事業資金(事業再建に必要な資金を含む)とする。

保証限度額

  最大2億8千万円(無担保8千万円)
なお、セーフティネット保証・災害関係保証と合わせて無担保1億6千万円

保証割合

  融資額の100%

保証料率

  0.7%

保証人

  • 担保必要に応じて徴求することとする。
  • 保証人原則として法人代表者以外,保証人は徴求しない。

融資実行までの流れ

  1. ご利用金融機関へ相談
  2. 市へ認定申請(売上減少について)
  3. 保証申込と保証承諾
  4. 融資実行

認定申請(様式ダウンロード)

「震災の影響を受ける直前の同期」とは
  前年同期が震災の影響を受けた後である場合は前々年同期(震災前の直前同期)の売上高等と、前年同期が震災の影響を受ける以前である場合は前年同期の売上高等との比較します。

り災証明について

ご注意ください。すでに、り災証明を受けている方については、市の認定を受けずに保証申し込みが可能です。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。