認知症簡易チェックリンクバナー
サービスを利用するときは

介護予防・日常生活支援総合事業のサービス利用の流れ

  サービスを利用してみたいけど、自分にはどんなサービスを利用できるのか分からない…。そんな時のために、対象者ごとの利用までの流れを図に示しました。
  どのサービスを利用できるか確認しましょう。

対象者別サービス利用の流れ図、詳細は後述します。

 

要介護認定で「要支援1・2」と認定された方

  「要支援1・2」と認定された方は、お住まいの地域を担当する地域包括支援センターが、サービス利用のためのプランを作成します。(介護予防ケアマネジメント)
  プランでは、「介護予防サービス(要支援1・2)」、「介護予防・生活支援サービス事業」、「一般介護予防事業」の中から、ご本人の心身の状態に合わせて必要なサービス、教室等を利用できるように組み合わせます。できあがったプランをもとにサービスの利用が開始します。
 

要介護認定を受けていない方でサービス利用を希望する方

  要介護認定を受けていない方でサービスを利用したい方は、地域包括支援センターで基本チェックリストという25項目の質問に答えていただきます。チェックリストの結果により、「該当」「非該当」の2つのパターンに分かれます。
基本チェックリストとは
運動機能や栄養状態を確認したり、認知症やうつの兆候がないかを調べるための質問票です。介護予防・生活支援サービス事業が受けられるかどうかを、この基本チェックリストを受けるだけで判断できるので、これまでよりも簡単で迅速に利用できます。

「該当」の場合

  1つ目は、チェックリストの結果で、「該当」と判断された場合です。
  この場合、地域包括支援センターにおいて、サービス利用のためのプランを作成します。
  プランでは、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」の中から、ご本人の心身の状態に合わせて必要なサービス、教室等を利用できるように組み合わせます。

「非該当」の場合

  2つ目は、チェックリストの結果、「非該当」と判断された場合です。この場合は、「一般介護予防事業」をご利用いただくことができます。
 

前述の2つに当てはまらない、65歳以上の高齢者の方

  「一般介護予防事業」をご利用いただけます。ご利用にあたっては、地域包括支援課にお申し込みください。
 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。