災害援護資金の貸し付け

災害援護資金の貸付条件が変更(拡充)されました

2011年5月26日
 東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律などの施行(5月2日)により,災害援護資金の貸付条件が変更(拡充)されました。なお変更された条件はすでに申込みされている場合にも適用されます。

変更(拡充)された内容

  • 利率
    の変更内容は、年3% から次のように変更します。 年1.5%,または連帯保証人がある場合は無利子
  • 据置期間
    の変更内容は、3年 から次のように変更します。 6年
  • 償還期間
    の変更内容は、10年 から次のように変更します。 13年
  • 申込み期間
    の変更内容は、平成23年6月30日まで から次のように変更します。 平成30年3月31日まで
  • 家財
    の変更内容は、自動車は対象外 から次のように変更します。 自動車を含む家財
  自宅に損害がなく自家用車のみ損害を受けた方について,自家用車を含めた家財の損害が3分の1以上であれば貸付を受けられます。保証人がいれば,無利子で限度額の150万円を自家用車の買換えに利用できます。
 

貸付条件

東日本大震災で住宅や家財に被害を受けた世帯を対象として「災害弔慰金の支給に関する法律」により貸付を行います。

利率

  • 保証人をつけた場合
    は、無利子
  • 保証人をつけない場合
    は、年1.5% (据置期間は無利子です)

据置期間

  6年(特別の場合は8年)

償還期間

  13年(据置期間を含む)

申込み期間

  2018年(平成30年)3月31日まで。土曜日,日曜日,祝日など除きます。

貸付区分・限度額

  • 住宅が全壊した場合
    は、250万円(住宅を取り壊した場合は350万円)
  • 住宅が半壊した場合 
    は、170万円(住宅を取り壊した場合は250万円)
  • 家財(自家用車も含む)の損害が3分の1以上
    は、150万円  
 住宅については,り災証明が必要です。ご注意ください。新規のり災証明発行は終了しました。

償還方法

  年払い,または半年ごと払い

対象となる方

  • 住居が全壊や半壊の被害をうけた方
  • 家財(自動車を含む)の3分の1以上の被害をうけた方
  • 連帯保証人(同居の親族除く)の設定は任意です(設定した場合の貸付利率が変わります)
  • 世帯全員の平成22年分総所得が,貸付条件「所得制限」の内であること

所得制限

世帯人数 住民税における前年(平成21年分)の総所得金額
1人

220万円

2人

430万円

3人

620万円

4人

730万円

5人以上

1人増すごとに730万円に,30万円を加えた額
として、6人の場合730たすかっこ30×2人かっこ閉じイコール790万円

お問い合わせ先

  社会福祉課(保健・福祉会館 2階) 電話番号0299-90-1138



このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。