茨城国体2019への外部リンク
深夜に青少年を外出させないようにしましょう
2015年3月4日

保護者は、深夜に青少年を外出させないように努めなければなりません

  青少年の深夜外出は、非行や犯罪被害につながりやすいため、大変危険です。
  保護者は,通学・通塾その他特別な事情がある場合を除き,夜11時から翌朝4時までの深夜に青少年を外出させないよう努めなければなりません。

青少年の夜間外出は危険です。

罰則が科せられる場合があります

  茨城県青少年の健全育成等に関する条例/茨城県外部リンクにより、青少年(0歳から18歳未満の者)の深夜外出(午後11時以降翌朝4時)には、罰則が科せられる場合があります。ご注意ください。

 

映画館、カラオケボックスなどは保護者同伴でも青少年は深夜に入場できません

  映画館、カラオケボックス、まんが喫茶、インターネットカフェなどは、深夜(午後11時以降翌朝4時)に保護者が同伴の場合でも青少年を入場させてはいけないことになっています。

親が一緒でも深夜入場してはいけない店舗があります

店側も罰金を科せられる場合があります

  深夜に青少年を入場させるとお店側にも30万円以下の罰金を科せられる場合があります

ご注意ください、保護者は、深夜に青少年を外出させないように努めなければなりません。
青少年の健全育成のために、青少年をとりまく環境の整備に取り組みましょう。
 

茨城県青少年の健全育成等に関する条例

条例のしおり
条例のしおり(PDF 2.17MB)
PDFファイルダウンロード
 条例のしおり2
条例のチラシ(PDF 2.1MB)
PDFファイルダウンロード

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。