乳がん検診

平成29年度乳がんの集団検診について

2017年7月19日
  平成29年度乳がんの集団検診日程は全て終了いたしました。
  40歳以上、69歳以下の方は医療機関検診を受診ください。

平成29年度乳がん検診の申し込みのご案内

  2017年4月8日(土曜日)午前9時から、乳がん検診の電話による申し込みを開始します。そのときに、保健センターなどで行なう「集団検診」と病院で行なう「医療機関検診」のどちらか1つを選択のうえお申し込みください。
 

集団検診の申し込み期間変更しました。(4月19日更新)

  4月8日(土曜日)~19日(水曜日)
 受付期間を4月26日(水曜日)  まで延長します!

医療機関検診の申し込み期間

  4月8日(土曜日)~2018年1月31日(水曜日)

乳がん検診のお知らせパンフレット

  申し込み方法、検査の詳しい内容、集団検診日程など乳がん検診の詳細を掲載していますので、ダウンロードしてご確認ください。


乳がん検診(集団・医療機関検診)のご案内(PDF 480KB)
PDFファイルダウンロード

対象者

  • 集団検診30歳以上の女性(昭和63年(1988年)4月1日までに生まれた方)
  • 医療機関検診40歳以上69歳以下の女性(昭和23年(1948年)4月2日~昭和53年(1978年)4月1日までに生まれた方)
ご注意ください。年齢基準日は平成30年(2017年)4月1日での年齢となります。
  昭和63年(1988年)3月生まれなどで、検診日当日は29歳でも、30歳として数えますので受診することは可能です。
  また、昭和23年(1948年)3月生まれなどの方は、70歳として数えますので、集団検診のみの対象となります。

がん検診推進事業の対象者

  対象者には、無料クーポン券などを郵送します。
  対象年齢、クーポン券の詳細などはこちらの「乳がん検診(女性のみ)の平成29年度無料クーポン券対象者(国の新たなステージに入ったがん検診総合支援事業)」の項目をご確認ください。

受診できない方

  次の方は集団検診・医療機関検診ともに受診できません。
  • 妊娠中、授乳中、母乳をあげなくなって6か月以内の方
  • 乳房再建術や豊胸手術(シリコンやヒアルロン酸の注入など)を受けている方
  • 心臓に対するペースメーカーや植込み型除細動器を挿入している方
  • カテーテルやV-Pシャントを挿入している方
  • 現在治療中の方、しこりなど自覚症状のある方は市の検診を受けずに、かかりつけの病院や専門医で診察を受けてください。なお、診察は通常の保険診療となります。

検査の種類

超音波検査(30歳~56歳)

  ベッドに仰向けの状態で胸に暖かいゼリー状液をぬり超音波をあてます。痛みもなく、およそ15分くらいで終了します。また、放射線を使用しないため被爆の心配もありません。

マンモグラフィ検査(40歳以上)

ご注意ください、2年に一度の検査になります。
  アクリル板で乳房を片方ずつ挟み、できるだけ平らに押した状態でエックス線撮影します。個人差もありますが、多少痛みをともなう場合があります。若年齢では乳腺の発達により正しい画像判断ができないため、40歳以上を対象としています。

視触診検査(40歳~69歳)

  乳腺専門医や外科医が、乳房の大きさや形、左右の乳頭の位置、皮ふの状態、乳頭からの分泌物、しこりの有無などを確認します。

申し込み方法や実施期間・場所

  乳がん検診には集団検診と医療機関検診があります。申し込み期間など異なりますので、各リンク先をご確認ください。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。