受領委任払い制度
2014年3月26日

介護保険福祉用具購入と住宅改修の受領委任払い制度がはじまります

  要介護・要支援認定を受けている方が、介護保険を利用した福祉用具購入や住宅改修をするときは、購入・改修費用の全額をいったん事業者に支払い、その後に保険給付の対象となる金額の9割分が給付される「償還払い」が原則でした。
  今般、2014年4月1日(火曜日)から、利用者が1割負担分だけを事業者に支払い、残りの9割分を市が直接事業者に支払う「受領委任払い」を、希望により事前申請すれば利用できるようになります。
 
ご注意ください「償還払い」における市からの9割分の給付および「受領委任払い」における市から直接事業者に支払う費用に関しては、入金までに申請から3ヶ月以上かかる場合があります。 

対象者

  介護保険の加入者(第1号被保険者・第2号被保険者)のうち、次のいずれにも該当する方
  • 要介護・要支援認定を受けている方
  • 在宅で生活されている方
  • 介護保険料の滞納がない方
  • 受領委任払いを希望される方は、事前に事業者の同意を得てください。

福祉用具購入

特定福祉用具の種類

  • 腰掛便座・特殊尿器
  • 入浴補助用具
    • 入浴用いす
    • 浴槽用手すり
    • 浴槽内いす
    • 入浴台
    • 浴室内すのこ
    • 浴槽内すのこ
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分
ご注意ください保険給付の対象は,特定福祉用具販売事業者(指定事業者)から購入した場合に限られます。

支給限度額

  支給の対象となる購入費の限度額は年間10万円。
  そのうち、介護保険から9割支給、利用者は1割負担となります。
  • 1年間に同一用途および機能の特定福祉用具の支給は、原則1回となります。
  • 限度額内であれば、複数種目の特定福祉用具の購入ができます。

支給申請に必要な書類

  • 介護保険福祉用具購入費支給申請書
  • 利用者あての購入費用の領収書(利用者負担額を記載したもの)
  • 購入する品目が掲載されているカタログ、パンフレット等(製造事業者が記載されているもの)
  • 受領委任払いを希望される方は、介護保険給付に係る受領委任払いの同意書

  支給申請書と同意書は長寿介護課窓口にてお渡しします。

住宅改修

住宅改修の種類

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑り防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取り替え
  • 洋式便器等への便器の取り替え(水洗化の部分は含まれません。)

支給限度額

  支給の対象となる改修費の限度額は20万円。
  そのうち、介護保険から9割支給、利用者は1割負担となります。

住宅改修前に必要な書類

  • 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書
  • 住宅改修が必要な理由書
  • 工事内訳書
  • 住宅改修前の状態が確認できる写真(撮影年月日がわかるもの)
  • 住宅所有者の承諾書(所有が本人以外の場合)
  • 住宅改修箇所を示す平面図
  • 受領委任払いを希望される方は、介護保険給付に係る受領委任払いの同意書

  支給申請書、理由書、承諾書と同意書は長寿介護課窓口にてお渡しします。

住宅改修後に必要な書類

  • 利用者あての改修費用の領収書(利用者負担額を記載したもの)
  • 住宅改修後の状態が確認できる写真(撮影年月日がわかるもの)

問い合わせ先・申請先

長寿介護課
神栖市溝口1746-1 保健・福祉会館 保健福祉会館の施設地図情報へのリンク
電話番号0299-91-1702

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。