市ホームページリニューアルに関するアンケート 
市民カードと住民基本台帳カード

市民カードと住民基本台帳カードの違い

神栖市民カード(市民カード)

市民カードの画像

住民基本台帳カード(住基カード)

ご注意ください、2015年12月をもって住民基本台帳カードの交付は終了しました。  

住基カードの画像

各機能比較表

  神栖市民カード(市民カード)および住民基本台帳カード(住基カード)について、どのような時に利用できるのか、また、必要になるのか、それぞれの機能を一覧にまとめました。
利用方法 市民カード 住基カード
住民票の写しの取得 神栖市内の証明書自動交付機(市役所本庁、波崎総合支所に設置)で取得する場合。 住所地以外の市町村で取得する場合。(住民票の広域交付とは)(住所、氏名、生年月日、性別のみ記載)
印鑑登録証明書の取得 市役所本庁、波崎総合支所、出張所、行政サービスコーナーなど窓口で取得する場合。
市内の証明書自動交付機(市役所本庁、波崎総合支所に設置)で取得する場合。
ご利用になれません。
転出、転入届出の特例 ご利用になれません。 転出届の簡素化ができます。その後、転入先の窓口での手続きに住基カードが必要です。(住民基本台帳カードを利用した転出の手続き)
市役所窓口での本人確認書類としての利用 ご利用になれません。 ご利用になれます。また、写真付の住基カードは、公的な本人確認書類として利用できます。
各種行政機関への電子申請、届出 ご利用になれません。 住基カードに個人認証を記録することにより、ご利用になれます。(公的個人認証サービス)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。