市ホームページリニューアルに関するアンケート 
認知症簡易チェックリンクバナー
成年後見制度

成年後見制度をご存知ですか?

成年後見制度とは

成年後見制度を利用できます。

 
   認知症や障害などにより判断能力が十分でない方が、不利益をかぶらないよう法的に保護し、支援するための制度です。
 
  選出された後見人が、本人の利益を考え、代わりに財産管理や契約などを行うことができます。また、後見人を介さずに本人だけで行った契約が不利益なものであれば取り消すことができます。
 

将来が心配な人も利用できます

  成年後見制度は、次の2つに分けられます。
法定後見制度
  すでに判断能力が十分でない方を対象としている制度
任意後見制度
  現在はしっかりしているが、将来、判断能力が不十分になった場合に備える制度
 

こんな場合に対応できます

家族が認知症などの場合
  • 父が、過去に訪問販売でトラブルにあった。また被害にあわないか心配。
  • 自分が高齢になったので、母に関する手続きを誰かにしてもらいたい。
  • 父に代わり自分が父の不動産を売り、今後の介護費用に充てたい。
将来に備えたい場合
  • 認知症が進行しても、サービスなどを利用しながら自分らしく生活したい。
  • 子どもも、頼れる親族もいないため、年をとってからが心配。
  • 子どもに知的障害がある。自分がいなくなったとき代わりに契約や財産管理などをして欲しい。

成年後見制度の利用

  法定後見制度では「本人・配偶者・四親等内親族・市区町村長など」が「家庭裁判所」で、任意後見制度では「本人」が「公証役場」で、手続きを行います。
ご注意ください、手続きには諸費用がかかります。

市民後見人とは

  市民後見人については次の厚生労働省のページをご確認ください。
  市民後見関連情報(厚生労働省)外部リンク

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。