市ホームページリニューアルに関するアンケート 
松くい虫被害対策

松くい虫の被害から松を守ろう

  神栖市では、松の木を松くい虫被害から守るために、次のとおり予防と駆除対策を行なっております。薬剤散布や松枯れした木(被害木)の伐倒作業にご協力をお願いします。

予防と駆除対策

海岸沿いの松林

予防事業(薬剤散布)
  地上からの薬剤散布を施し、松くい虫被害の拡大を防止します。実施する時期は、松を枯らす要因となるマツノザイセンチュウを体内に抱えたマツノマダラカミキリの幼虫が羽化する前の5月から6月にかけて行います。
伐倒駆除事業
  12月から3月にかけて被害木を伐倒しております。伐倒した被害木は、一定のところに集積後に薬剤を散布して幼虫を駆除しています。

個人所有地における松について

  市では,このように伐倒駆除しておりますが、保安林に指定されている松林の防除を徹底していくうえで個人所有地における松については、原則個人にて伐倒をお願いしております。

伐倒を行う業者について
  神栖市緑化組合または市内造園業者等へご相談ください。
  神栖市緑化組合 事務局 (株式会社大賀志造園土木)電話番号0299-92-1695  (住所は、神栖市石神439)

関連情報

  松くい虫とは正式名称は「マツノザイセンチュウ」という体長1ミリほどの線虫です。カミキリムシの体内に潜んでいて、そのカミキリムシが松の若枝を食べたときに、線虫が松に感染します。線虫が松の中で増殖し、松が衰弱し、枯れてしまいます。

関連情報

松くい虫被害の仕組みと対策外部リンク (林野庁ホームページへ移ります)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。