神栖市との取引における請求書

請求書の様式について

  神栖市との取引の際に提出していただく請求書の「標準様式」を掲載しますので,参考にしてくだい。
  なお,神栖市の「標準様式」だけではなく,次の必要事項がすべて記載されている「私製様式」での請求書も使用可能です。

請求書 必要事項

  • 債権者の住所氏名
    備考として、法人にあっては,「法人名」「代表者(職名氏名)」
  • 印鑑
    は、法人・団体の場合は,代表権限のある役職名または氏名の印
  • 債務者の表示
    は、神栖市長  
  • 請求年月日
    は、締日は請求日とは異なるため,請求年月日も別に記載すること
  • 請求金額
    は、金額の頭書には「¥(円の記号)」をつける,また請求金額の訂正は不可
  • 請求内容
    は、契約書又は請書を交しているものについては,契約名と同じとすること
  • 請求内訳
    は、単価かける数量イコール金額
  • 振込口座情報
    は、銀行名,支店名,種目,口座番号,口座名義(フリガナ)

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが開きます。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。