市ホームページリニューアルに関するアンケート 
婚姻届

婚姻届に必要なもの、書き方について

2012年9月21日

届け出先と必要なもの

届け出先

  • 夫または妻の本籍地
  • 夫または妻の所在地
神栖市の届け出場所(次の場所のいずれか)

ご注意ください。ただし、ご本人の住所や本籍が神栖市にない場合でも、結婚式を挙げたところなどが神栖市であれば届け出することができます。

 届け出人

  • 婚姻する2人

必要なもの

  • 婚姻届 1通(届け出用紙は全国共通です。)
    こちらは前述の届け出場所で婚姻届の用紙をお渡ししています。
  • 届け出人(夫・妻)の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)各1通
    こちらは婚姻前の本籍が神栖市以外の場合、または婚姻後の新本籍を神栖市以外におく場合
  • 届け出人(夫・妻)の印鑑
    こちらは婚姻前の氏の印鑑をご持参ください。
  • 婚姻届を窓口に持参される方の本人確認ができる書類など
    運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などをお持ちください。 
  • 未成年者が婚姻する場合は、父母の同意書
注意事項
  • 婚姻届と同時に神栖市内で(または、神栖市内に)住所を変更される場合(転居または転入)、別途「住民異動届」などの書類が必要になります。詳しくは市民課にご確認ください。(住民登録に関すること
  • 戸籍などの婚姻日の記載について
    • 届出した日が婚姻日として記載されます。(外国で成立した婚姻を除く)
    • 記載される婚姻日を指定し、前もって受け付けることはできませんので、記載される婚姻日を指定したい方は、必ずご希望の日に届書をご持参のうえ、届け出てください。

届け出期間

  届け出の日から効力が発生

2012年9月21日

婚姻届の主な記入欄の書き方

婚姻届の実際の記入例(法務省作成)

婚姻届記入例画像およびダウンロード
届書の記載例(法務省)(PDF 113KB)
外部リンクpdfファイルダウンロード

1.届け出人について

  • 夫および妻が、旧姓で署名・押印してください。
  • 日本国籍の場合、男性18歳、女性は16歳以上の方が婚姻届をすることができます。
  • 未成年の方(20未満の方)が届け出人となっている場合は、父母の同意が必要となります。
  • ご注意ください。届書のその他欄に婚姻に同意する旨、および父・母それぞれの署名と押印をしてください。または同意書の添付が必要です。(同意書の用紙は市役所へ取りに来てください。)

2.証人について

  • 届け出人以外の成年の方2人により、署名・押印してください。
    備考として、家族・仲人夫婦など、同じ氏の方が証人の場合は、それぞれ異なった印鑑で押印してください。
  • 外国で成立した婚姻について届け出をする場合は、証人は必要ありません。

3.婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍欄

  • 婚姻後の氏については、夫または妻の氏のどちらにするか、選択してください。
    備考として、選択した氏の方が婚姻後の新しい戸籍の筆頭者になります。
    また、外国籍の方と婚姻した日本人の方の氏は変動がありませんので、「氏」の選択は不要です。
  • 両方の氏(夫婦別姓)を選択することはできません。
  • 選択した氏の方がすでに戸籍の筆頭者となっているときは、新本籍の欄を記入しないでください。
  • 新しい本籍は、日本国内で届け出の時点で存在する地番であれば、どこの場所でも本籍地とすることができます。
    備考として、夫婦が別々の場所を本籍地とすることはできません。
  • 外国籍の方と婚姻し、外国籍の方の氏を名乗ることを希望される場合は、氏の変更の届を別途する必要があります。

4.父母の氏名、父母との続柄欄

  • 実父母の氏名および実父母との続柄を記載してください。
  • 父母が現在も婚姻継続中の時は、母の氏は書かないで、名だけ記入してください。

ご注意ください。養父母の氏名は、その他欄に記載してください。
  例「夫の養父 神栖次郎」

5.本籍欄

  • 婚姻前の本籍地及び戸籍の筆頭者の方の氏名を記載してください。

6.住所欄

  • 現在、住民登録をしている住所を記載してください。
  • 婚姻届と同時に神栖市内で、または神栖市内に住所等を変更される方は、届書に新しい住所を記入し、同時に住所変更に関する届け出をしてください。別途「住民異動届」等の書類が必要になります。

  詳しくは、市民課にご確認ください。(住民登録に関すること

2012年9月21日

外国籍の方との婚姻届の出し方

  外国籍の方との婚姻届については、相手の方(外国籍の方)の国籍や所在地、届け出をする場所などにより必要な書類や手続きの方法が異なります。

手続きの方法

  手続きについて、まずは市民課(電話番号0299-90-1141)にご確認のうえ、届け出てください。

  また、外国籍の方が婚姻できる方であるかを証明するために必要となる書類(婚姻要件具備証明書等)については、各国の「大使館」または「領事館」にお問い合わせください。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。