健康都市宣言

神栖市は健康都市宣言をしました!

  神栖市は、生活習慣病に起因する疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)の割合が国や県平均より高く、平均寿命や健康で生活できる期間も他の市区町村と比べると短い傾向にあります。
  そこで市民みんなが健康で、元気な都市であり続けるために平成24年10月1日(月曜日)に健康都市宣言をしました。(平成24年9月20日神栖市議会議決)

神栖市健康都市宣言およびJPEGファイルダウンロード

クリックすると拡大します画像ファイル(JPEG 311KB)

いきいき元気!目指そう健康長寿!健康都市宣言

   「かみすの豊かな自然と良好な生活環境のもと,市民一人ひとりが尊重され,心身ともに健康で暮らし続けられることは,すべての市民の共通の願いです。
  わたくしたちは「自らの健康は自らつくる」を基本に次の目標を掲げ,市民と行政が一体となって健康なまちづくりを進めます。」

  • 自ら健康づくりに努めて,生涯を楽しく過ごします
  • 食に感謝し,バランスよくおいしくたべます
  • 気軽に楽しくからだを動かします 
  • 休養を上手にとり,いきいきと生活します 
  • いつまでも自分の歯を大切にします 
  • 禁煙と適度な飲酒を心がけます 

気になる市民の健康データ

Q1 平均寿命は?(0歳児の平均余命のことです)
A1答えは、平均寿命は、茨城県44市町村の中でも短いです。
男性アイコン、男性77.2歳(県内42位)
女性アイコン、女性84.6歳(県内37位)
Q2 健康寿命は?(65~69歳の方が自立した状態で健康に暮らせる期間のことです)
A2答えは、男女とも、茨城県44市町村の中で最も健康度が低いです。
男性アイコン、男性15.9歳(県内44位)
女性アイコン、女性19.8歳(県内44位)
  平均寿命、健康寿命、平均余命の考え方(PDF 41KB)PDFファイルダウンロード

Q3 健診の受診率は?
A3答えは、健康状態を知る機会を逃している人が多いです。
  • 40歳代は、13.3%
  • 50歳代は、19.6%
  • 60歳代は、45.8%

データ引用元についてデータはかみす健康21プランより抜粋しました。

気になる市民のアンケート結果

Q1運動の習慣は?
A1答えは、市民の6割が、定期的な運動をしていない状況です。
成人アイコン、運動習慣がない人は、市民57.5% (県平均45.9%)
Q2飲酒や喫煙の状況は?
A2答えは、飲酒や喫煙習慣のある人が、県平均よりも高いです。
お酒アイコン毎日飲酒する人は、市民17.9%(県平均15.7%)
たばこアイコン喫煙習慣のある人は、市民23.8%(県平均21.0%)
Q3健康への関心は?
A3答えは、大半の市民は、自分の健康に関心をもっています。
成人アイコン、健康づくりに関心がある人は、市民94.1%(県平均93.6%)

データ引用元についてデータはかみす健康21プランより抜粋しました。

健康データとアンケートから分かること

  神栖市は、平均寿命のみならず、健康で生活できる期間も短い傾向にあります。また多くの市民が自らの健康状態を知る機会(健診)を逃しています。
  生活習慣病の予防には、若年からの規則正しい食生活と気軽な運動、そして年に1度の健康チェック(健診)がとても効果的です!

  神栖市ではさまざまな健康づくりイベントを行なっております。詳しくはこちらの「健康づくり元年」のページをご確認ください。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。