都市再生整備計画

社会資本総合整備計画(神栖地域中心市街地地区都市再生整備計画)

  神栖市では,次のとおり社会資本総合整備計画を作成し,国土交通大臣に提出しています。
  社会資本総合整備整備計画(神栖地域中心市街地地区都市再生整備計画 平成26年度から平成30年度)(PDF 1.53MB)

神之池緑地公園周辺地区のフォローアップを公表します

 社会資本整備総合交付金(都市再生整備計画事業)を活用し事業を実施した神之池緑地公園周辺地区について、フォローアップを公表します。
 フォローアップとは、整備計画の事後評価において、計画目標の達成状況等の検証に見込みの値を用いた場合などに、翌年度以降改めて達成状況等を検証し、評価を確定させることをいいます。

  フォローアップ報告書(神之池緑地公園周辺地区)(PDF 264KB)

神栖地域中心市街地地区の事後評価を公表します

 社会資本整備総合交付金(都市再生整備計画事業)を活用し事業を実施した神栖地域中心市街地地区について、事後評価結果を公表します。

  事後評価シート(神栖地域中心市街地地区)(PDF 304KB)

神之池緑地公園周辺地区の事後評価を公表します

 社会資本整備総合交付金(都市再生整備計画事業)を活用し事業を実施した神之池緑地公園周辺地区について、事後評価結果を公表します。

  事後評価シート(神之池緑地公園周辺地区)(PDF 650KB)

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)

  都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。
  この制度では、都市再生特別措置法第46条第1項に基づき市町村が都市再生整備計画を作成し、これに基づいて実施される事業等の費用に充当するための交付金が交付されます。(交付期間はおおむね3~5年)
ご留意ください、まちづくり交付金は平成22年度より社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。

事業の流れ

1 都市再生整備計画の作成
  市町村は地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標とその達成状況を評価する指標を設定し、これらを実現するために実施する各種事業等を記載した都市再生整備計画を作成します。
2 交付金の交付
  交付金は年度ごとに交付されます。
3 事後評価
  交付期間終了時、市町村は目標の達成状況等に関する事後評価(数値化された指標の達成状況を評価)を実施し、その結果を公表します。

神栖市における都市再生整備計画

  神栖市では、次の地区で都市再生整備計画を作成し、まちづくりを進めています。

関連情報

  都市再生整備計画事業外部リンク(国土交通省)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。