津波警報

2013年3月7日から津波警報が変わりました

マグニチュード8を超える巨大地震の場合

この時は、大津波警報で「巨大」という言葉を使い非常事態を伝えます。
  • 巨大地震の場合、正しい地震の規模を把握できないため、最大級の津波を想定して大津波警報で「巨大」、津波警報で「高い」と発表します。

  巨大という言葉を見たり聞いたりしたら、東日本大震災クラスの津波が来ると思って、ただちに高い場所に避難しましょう!
 

正確な地震の規模が分かった場合

この時は、予想される津波の高さを1メートル,3メートル,5メートル,10メートル,10メートル超の5段階で発表します。
  • これまでの8段階から5段階に集約します。
  • 警報などの発表は各区分の高い値を、予想される津波の高さとして発表します。
警報の種類と津波の高さおよび発表する値一覧
警報の種類 予想される津波の高さの区分 発表する予想値
大津波警報 10メートル超~ 10メートル超
5メートル超~10メートル以下 10メートル
3メートル超~5メートル以下 5メートル
津波警報 1メートル超~3メートル以下 3メートル
津波注意報 20センチメートル超~1メートル以下 1メートル

予想や観測で発表される津波の高さの図解

 
  予想や観測で発表される「津波の高さ」は津波がない場合の海面からの高さを表しています。そのため、津波が海岸を駆け上がった場合、津波の高さの何倍にも達することがあります。

津波警報の発表後

この時は、高い津波が来る前は、津波の高さを「観測中」として発表します。

  • 警報が発表されている沿岸で、観測された津波の高さが大津波警報で1メートル以下のとき、津波警報で20センチメートル未満のときは観測中と発表します。

  これは観測した値が最大だと誤解しないためです。津波は何度も繰り返し襲ってきて、後から来る津波の方が高くなることがあります。

問い合わせ先

気象庁外部リンク 管理課電話番号03-3212-8341
神栖市 防災安全課電話番号0299-90-1149

関連リンク

  津波警報の改善について外部リンク(気象庁)

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。