税を考える習慣【国税庁の取組紹介】トップページ 
前納報奨金制度の廃止
2013年5月15日

平成25年度から市民税・県民税に対する前納報奨金制度が廃止されました

ご注意ください。固定資産税については、これまでどおり前納報奨金制度が継続されます。
 

前納報奨金制度とは

  税収の早期確保と納税意識の向上を図ることを目的に創設されたもので、第1期の納期限内に、その年度の税額を全額一括納付した場合に報奨金を交付する制度です。
  具体的には、全期分(年税額)を納める際に前納報奨金を差し引いた額で納付することができるものです。
 

廃止について

廃止の理由

  納期内納税が定着し当初の目的が達成されたことや、この制度の利用が一括納付できる方に限られ、給与や年金から特別徴収(天引き)される方には適用されないため、公平性に欠ける(不公平である)などの理由から、制度を廃止することになりました。
 

これまでどおり1年分を一括で納めることはできますか?

 報奨金制度は廃止されますが、引き続き年税額を一括して納付していただいて差し支えありません。納付にあたりましては、第1期から第4期までの各期納付書をご使用ください。
 

ご注意ください!

  口座振替により一括納付(全納で申込)されている場合、例年に引き続き年税額が第1期の納期限(7月1日)に引き落としとなります。 
  よって、期別納付(各期ごとの引き落とし)への変更を希望される場合は、5月31日(金曜日)までに口座振替申込金融機関で変更の手続きをお願いいたします。
 

お問い合わせ先

課税課(市民税グループ)電話番号0299-90-1134
 

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。