砂丘等整備事業

砂丘と海岸防災林の整備を行いました

2013年7月1日

  市では東日本大震災において,砂丘及び海岸防災林の津波軽減効果が確認されたことから,茨城県沿岸部の津波浸水想定に基づき浸水が想定される箇所について,県と協力しながら平成24年度より砂丘等の整備を進めています。

実施内容

  浸水想定箇所ごとに浸水要因を検討し,砂丘が低い箇所は砂丘造成及び堆砂垣の設置により砂丘のかさ上げを目指します。また松林が枯れてしまった箇所は植栽をし、海岸防災林を再生していきます。
  平成24年度は柳川海岸地区を整備しました。
 

平成24年度整備状況(柳川海岸) 

整備事業箇所の上空撮影図
整備事業概要図


  柳川海岸について、砂丘造成及び堆砂垣の設置を約1キロメートルにわたって整備し、また、海岸防災林を約1万平方メートル植栽しました。詳しい位置は整備事業概要図をご確認ください。

整備状況の写真

  整備事業概要図の1~4のポイントから撮影した整備状況の写真を掲載しました。

柳川海岸の整備状況の写真1
画像1 海岸北側から撮影した堆砂垣

柳川海岸の整備状況の写真2
画像2 海岸北側正面から撮影した堆砂垣

柳川海岸の整備状況の写真3
画像3 海岸南側から撮影した植栽

柳川海岸の整備状況の写真4
画像4 海岸南側から撮影した堆砂垣

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。