通知カード

マイナンバーの通知カードの利用

  通知カードは,マイナンバーの提示を求められた際に,ご自身のマイナンバーを証明する書類として利用します。
ご注意ください通知カードは本人確認の際の身分証明書として利用できません。

マイナンバーの提示先

 マイナンバーは,法律や条例で決められた社会保障,税,災害対策の分野で利用することから,市役所や国の行政機関,勤務先に提示します。

通知カード記載事項の変更

 転入等で通知カードに記載の住所・氏名等に変更が生じた際には,記載事項の変更処理が必要となりますので,市役所への手続きの際に通知カードを持参してください。

マイナンバーに関する問い合わせ先

  「通知カードやマイナンバーカードについて問い合わせしたい」「カードを紛失してしまったので急いで一時的に利用停止したい」などの通知カード、マイナンバーカードに関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせは、マイナンバー総合フリーダイヤル0120-95-0178(無料)へおかけください。
  受付時間や外国語対応ダイヤルなどはリンク先をご確認ください。

2015年10月からマイナンバーを記載した「通知カード」が届きます

1、マイナンバー通知カード封筒

2015年10月から11月下旬の間に,マイナンバー通知カードの封筒が届きます。

マイナンバー通知カード封筒画像

封筒の裏面に,点字で「まいなんばーつうち」と音声コードによる案内の記載があります。

2、マイナンバー通知カード封筒封入物

簡易書留で封筒が届きましたら,次の資料をご確認ください。

マイナンバー通知カード封入物の画像 
(画像をクリックすると拡大表示します。)

  1. 宛名台紙 (お問い合わせ先記載あり)
  2. 通知カード+個人番号カード交付申請書兼電子証明発行申請書+音声コード台紙
    が,世帯人数分(封筒1通につき最大8人分)
  3. 説明用パンフレット (8ページ3つ折り)
  4. 個人番号カード申請書の返信封筒

3、通知カードの保管

マイナンバー通知カード(案)の画像
(画像をクリックすると拡大表示します。)

 通知カードを切り離し,捨てたり失くしたりしないよう,大切に保管してください。
また,記載されているマイナンバーをみだりに他人に知らせないようにしてください。

  詳しくは次のリンク先をご確認ください。
  「マイナンバーカード総合サイト/通知カードについて外部リンク」(地方公共団体情報システム機構・J-LIS)

注意喚起、マイナンバー制度をかたる詐欺にご注意ください!

「マイナンバー制度」に便乗して、個人情報を聞き出そうとする相手には要注意!

  マイナンバー制度をかたり,電話や郵便、訪問等で個人情報を聞き出そうとする相手には十分に気をつけてください。
  また,マイナンバーは法律で定められた事務以外の目的で取得・提供することは禁止されています。マイナンバーを提供する相手も,市町村など行政機関のほか,勤務先や一部の金融商品を購入した金融機関など法律で限定されています。

ご注意ください、マイナンバーを提供する際は,しっかりと提供できる相手か,自身のマイナンバーを利用する目的は何なのかを確認してください。

  詳しくはこちらの「マイナンバー制度をかたる詐欺にご注意ください!」ページをご確認ください。

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。