市ホームページリニューアルに関するアンケート 
茨城県動物の愛護及び管理に関する条例の改正

茨城県動物の愛護及び管理に関する条例が改正されました

  動物の愛護及び管理に関する法律の改正等を踏まえ,動物愛護の普及啓発及び適正飼養の推進を図るため,茨城県動物の愛護及び管理に関する条例が改正されました。改正の主な内容は次のとおりです。

1.飼い猫の屋内飼養

  屋外は猫にとって交通事故や感染症など危険がいっぱいです。また,糞尿やいたずらなどで近隣とのトラブルになることもあります。このような危険やトラブルを避けるために飼い猫は屋内での飼育に努めましょう。詳しくは次のファイルをご確認ください。(施行日は、2014年4月1日)

飼い猫の屋内飼養リーフレット画像
飼い猫の屋内飼養リーフレット(PDF 210KB)PDFファイルダウンロード

 

2.災害時の備え

  災害は突然起こります。いざという時に家族であるペットが共に安全に避難でき,一緒に暮らせるように日頃から心構えと備えが大切です。ペットの健康管理としつけ,迷子にならないための名札等の装着,ペット用品の備蓄などに努めましょう。詳しくは次のファイルをご確認ください。(施行日は、2014年4月1日)

災害時の備えリーフレット画像
災害時の備えリーフレット(PDF 238KB)PDFファイルダウンロード(2ページ)

3.特定動物(危険な動物)の逸走時の通報

  動物の愛護及び管理に関する法律に基づく特定動物の飼養又は保管の許可を受けた施設から特定動物が逸走したときに飼い主から県への通報を義務付けました。(施行日は、2014年4月1日)
 

4.県の責務

  県は,県民,動物を取り扱う者及び民間団体等との適切な連携に努めることを定めました。(施行日は、2013年12月19日)
 

5.動物を取り扱う者の責務

  動物の飼い主などの動物を取り扱う者は,県が実施する動物の愛護及び管理に関する施策等に協力するよう努めることを定めました。(施行日は、2013年12月19日)
 

6.抑留した犬の生存機会の拡大

  所有者への返還の機会を増やすため,抑留した犬の公表日数を2日間から4日間に延長し,返還の申し出がなかった犬の新たな飼い主への譲渡を推進することを定めました。(施行日は、2013年12月19日)
 

問い合わせ先

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。