神栖中央公園
2016年4月19日

神栖中央公園(土研跡防災公園)

 防災機能を備えた総合公園として平成22年度より整備を進めてきた神栖中央公園が2014年6月1日(日曜日)に開園しました。
  神栖中央公園は,約19ヘクタールもの広大な敷地の中に,市の備蓄の中心となる備蓄倉庫,飲料水を確保する耐震性貯水槽,防災トイレ,カマドベンチなどの防災機能を備えた地域の防災拠点となる公園です。
  平常時には,たくさんの樹木が四季を彩り,広大な芝生広場に大型遊具や噴水広場,ふれあいの丘(築山)など,ふれあいや憩いの場として子どもからお年寄りまでお楽しみいただけます。

神栖中央公園

施設の場所と配置個数など、園内マップ画像
園内案内図(JPEG 176KB)


所在地

  神栖市木崎1203-9 施設地図情報(神栖中央公園)
関連リンク、神栖中央公園へのアクセス

園内施設

面積

  約19ヘクタール

開設日

  2014年6月1日

主な防災機能

  • 備蓄倉庫(RC2階建て、備蓄スペース975平方メートル、食糧、飲料水、毛布、資機材などを備蓄)
  • 飲料水として、耐震性貯水槽100立法メートル
  • 生活用水として、井水耐震性貯水槽80立法メートル、手押し式防災用井戸2か所
  • 防災トイレ56基(スツール型、マンホール型)
  • ヘリポート
  • カマドベンチ
  • 自家用発電機
  • 太陽光発電型LED照明
  • 防災パーゴラ(災害時にはテントなどを取り付けることで、災害対策本部や救護所などになります。)など。

緑色のテントと簡易トイレの組み合わさった防災トイレ外観 防災パーゴラをテントとして利用したときの外観
画像防災トイレと防災パーゴラ

ふれあいの丘

ふれあいの丘外観

  • 標高15メートル(地上高8.5メートル)・直径80メートル
  • 標高10メートル以上の場所に約1,500人避難可能、園路に埋め込み式の誘導灯あり

お願い

  ふれあいの丘(築山)に自転車・スケートボード・ブレイブボードなどで乗り入れる行為は,歩行者と接触するおそれがあることから禁止しています。絶対におやめください。

噴水広場のご利用について

噴水広場で遊ぶ子どもたち

噴水広場の運転時間

  • 4月下旬から9月末まで午前10時~午後4時まで
  • 10月から4月初めまで運転休止(予定)
ご注意ください
  噴水で遊ぶときは次のことにご注意ください。
  • 噴水の水は,循環式です。飲んだり,顔をつけたりしないでください。
  • 紙おむつを着用しての利用は,禁止です。
  • 犬などのペットをともなって入らないでください。
  • 保護者の方は,お子様から目を離さないでください。
  • 他の人の迷惑となる行為をしないでください。

ルールを守って,楽しく遊びましょう!

このページに関するアンケート

質問1(必須)
このページの情報は役に立ちましたか? 
質問1(必須)
質問2
ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。 
質問2
質問3
このページに関する、回答を必要としないご意見がありましたら、次のフォームへご入力ください。
ご注意ください、回答を希望するお問い合わせ・ご意見は、ページ下部の「お問い合わせ先」の担当部署へ直接お問い合わせいただくか、または、暗号化対応済みの「市長へのたより(ご意見・お問合わせフォーム)」ページからご意見・ご要望をお寄せください。回答にはお名前と連絡先が必要になります。
このフォームに回答を希望するご意見を入力されてもお受けできませんので、ご了承ください。なお,このフォームは暗号化に対応していないため、名前・住所・電話番号などの個人情報は入力しないでください。